知ってました?男が身近な女性に惚れてしまう瞬間

映画とかドラマを見ていると、“身近にいたふたりの距離が突然縮まる”的なシチュエーションがありますが、これって実は男の脳内では頻繁にあることだって知っていましたか?

男の勘違いと言われればそれまでなのですが、「アレ? あの子、実はかわいい」とか「オレ、好きなんじゃねぇ」ってことが頭の中ではよく起こるのです。

そこで飲み屋で出会った男ども5人が「惚れてしまう! 」と悶絶した身近な女性について、男性特有の目線と独断と偏見で話し合った結果をお伝えします。

あわせて読みたい:不覚にも男がドキドキしてしまう瞬間3つ

運命の人を見つけるなら「ゼクシィ縁結び」

笑顔がカワイイ

ホンネスト

顔のタイプは男によって個人差がありますが、飲み屋の男どもが大はしゃぎしたのが「笑顔がカワイイ女性」ということでした。

「笑顔がカワイイ女の子に悪い人はいない」、「女性の笑顔は癒される」といった意見が続出。

そう考えると、やっぱり笑顔って最強の武器かもしれません。なのでいつも笑顔でいてください。

ドキッとする呼ばれ方をする

ホンネスト

続いて男どもが声を荒げたのが女性からの「呼ばれ方」でした。

普段、職場などで「○○さん」なんて呼ばれていた男どもが、予想もしていない時に名前を呼び捨てにされたり、「○○ちゃん」といったように、突然いつもと違う呼ばれ方をしようものなら「惚れスイッチが一気にONする」ようです。

そして女性の方から「距離を縮めてくれたことがたまらなく嬉しい」と、男どもは興奮するのでした。

好みのスタイルだった

ホンネスト

「どこ見てんだ! 」なんて言わないでください。女性のスタイルを見ない男など存在しないのですから。

そして、「身近にいた女性のスタイルが実は好みだった」なんてことは、男として生きているとホントよくあることなのです。

普段、スーツ姿しか見たことのない女性の普段着が意外にも……ってヤツです。

さらに男どもが口角泡を飛ばして主張したのが「人それぞれ好みのスタイルがある」ということ。

ウサギマークの雑誌に出てくる女性が好きな男もいれば、スレンダーな女性に魅力を感じる男もいます。

小柄、ぽっちゃりが好きな男だってわんさかいるのです。

ですから、女性は勘違いしないでいただきたい、ボンキュッボンだけがスタイルの良し悪しではないということを。

これはこの場をお借りして強く言わせていただきます。

耳元でささやく

ホンネスト

これは男のギアを全開にする鉄板中のシチュエーションだと、男どもは狂喜乱舞していました。

ふたりだけのアバンチュール。これに男はめっぽう弱い。嘘だと思うなら試しにその辺の男どもで試してみてください。

ただしトンでもないことになっても責任は持てませんが……。

たまに出る方言

ホンネスト

これも男どもからヤンヤヤンヤの大喝采を浴びていました。

「○○やねん! 」という元気な関西弁から「そうどすなぁ~」と、しっぽりした京都弁。さらには「××じゃけん」という広島弁や「△△じゃき」という土佐弁などなど。

聞きなれない方言を身近な女性が発したとき、男どもは「萌えまくる!! 」とのことでした。

 

こうして並べてみると、やっぱり虎ガラのビキニ姿の女性が耳元で「ダーリン好きだっちゃ」と笑顔で言ってくれたら惚れない男はこの世にいないということなのです。

あわせて読みたい:「会いたい」は鉄板!? 男が悶絶する女性のフレーズとシチュエーション 

 

まずは無料で出会いを探すなら「ゼクシィ縁結び」