告白の定番? 友達以上恋人未満のカップルにオススメのデートスポット

友達以上恋人未満の関係。さりげなくデートに誘って、思い出に残る告白をしたい。

そんなふたりにオススメの都内のデートスポットを、調査のプロであるリサーチャーさんが教えてくれた。

最高のロケーションで愛を伝えよう。

運命の人を見つけるなら「ゼクシィ縁結び」

恵比寿ガーデンプレイスタワー

ホンネスト

恵比寿駅からスカイウォーク(動く歩道)によって結ばれている恵比寿ガーデンプレイスは都内でも有数の商業地域。

各種ショップの他、「東京都写真美術館」やシャトーレストラン「ジョエル・ロブション」、映画館「YEBISU GARDEN CINEMA」などの見どころもあり、一日いても飽きることはない。

かつてここはサッポロビールの工場跡地で、明治時代にヱビスビールの製造が始まったことが「恵比寿」という地名の元になっている。

ちなみに日本初のビヤホールの誕生は明治32年。日本麦酒(現サッポロビール)の社長・馬越恭平のアイディアにより、新橋で産声を上げた。

恵比寿ガーデンプレイスのシンボル「ガーデンプレイスタワー」は高さ167m。

38階・39階の展望レストラン街「TOP OF YEBISU」では、都心の夜景を眺めながらの愛の告白が可能。

そんなロマンティックなムードは無理、という人は庭園を歩きながらの素朴な告白はいかがだろうか。

三軒茶屋キャロットタワー

ホンネスト

東急世田谷線・三軒茶屋駅と直結したオレンジ色の「キャロットタワー」は、地上27階・地下5階、オフィスや行政施設も有する複合ビル。

タワー内の「世田谷パブリックシアター」は、「音響家が選ぶ優良ホール100選」に選ばれており、また、地域の公共劇場として講座やワークショップを積極的に開いている。

26階にある無料展望ロビーからは西側一帯の眺めが見渡せる。室内はほどよい暗さで、夜景観賞に最適。

フロアの半分はテーブルやイスを自由に使えるエリアで、もう半分はバー&カフェラウンジとして22時まで営業している。

レストラン「スカイキャロット」からは東京タワーを含む都心の夜景を楽しめる。ショッピングや演劇鑑賞のあと展望ロビーで告白、という流れがスムーズであろう。

ちなみに「三軒茶屋」という地名は、その名の通り三軒の茶屋があったことに由来する。

江戸時代中期、大山詣や多摩川行楽で行き来する人々の休み処として、「しがらき」(後の石橋屋)・「角屋」・「田中屋」の三軒は大いに賑わったという。

目黒天空庭園

ホンネスト

東急田園都市線・池尻大橋駅の東口から徒歩5分、英国貴族の庭園のような緑豊かな場所がある。

首都高中央環状線の大橋ジャンクション屋上に当たるが、この高さまでは自動車の排ガスも届かず、草原のような爽やかな空気が保たれている。

2013年にグッドデザイン賞、2014年に屋上・壁面・特殊緑化コンクール国土交通大臣賞を受賞するなど、都市緑化技術の発信の場として高く評価されている。

目黒天空庭園は幅の広い道がゆるやかな螺旋を描く構造になっており、段々畑のある「四季の庭」や雑木のトンネルがある「潤いの森」、野菜が果樹が実る「コミュニティスペース」など、個性豊かなエリアに分かれている。

開園時間は午前7時から午後9時まで。夜景はもちろん、陽光がさんさんと降り注ぐ昼間もオススメ。どんな時間帯に、どのエリアで告白するかは、あなた次第である。

 

まずは無料で出会いを探すなら「ゼクシィ縁結び」