読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言えねぇ~…… 男が彼女に絶対に言えないこと

彼氏彼女の恋愛心理学 Pickup 恋愛

男だって人間ですから、そりゃ彼女に言えないこともあります。

嘘をつくつもりはなかったのですが、振り向いて欲しいがためデカい事を言ってしまったりもするのです。

そんなこんなで今回は、酒場に居た男5人が、「絶対、彼女に言えない! 」と、密かに語ったことについて男性特有の目線と独断と偏見で話し合った結果をお伝えします。

実はフツーなんです……

ホンネスト

今回の懺悔室では、付き合う前に「デカいこと言ってしまった……」と、後悔を口にする男どもが続出。

好きな女性の前では三割増し盛ってしまうことが男どもには多々あるようで、「大きなプロジェクトに関係していた」とか、有名な「○○さんと知り合い」とか言ってしまっているようです。

なんで「こんなこと言ってしまったんだろう……」って、男どもはしきりに反省しておりました。

しかも女性からみればバレバレな話なんでしょうが、「実は……」なんて男どもは口が裂けても言えないと語っておりました。

実はニワカなんです……

ホンネスト

次に男どもが言っていたのが、本当はニワカファンだということでした。

男ならサッカーや野球、ラグビーに詳しくて当然だと女性は思っているかもしれませんが、「ぶっちゃけ、キューバやアルゼンチンがどこにあるか知らない」と、口にした男どもが続出。

日本代表の試合がある度に熱く応援するフリをしておりますが、実は普段はそんなに興味がなかったりしちゃっているのです。

彼女の前だから「内角高め」とか「フィジカル」なんて言葉を多用したりしてますが、そんな男に限ってニワカファンだと言っていました。

また、あからさまに「有名選手のユニフォームを着ているとニワカ臭が漂う」とのこと。女性の皆さま、ニワカファンにはご注意ください。

実は暗い過去がある……

ホンネスト

これも男どもは「口が裂けても言えない」と申しておりました。

「中学のときイケてなかった」、「レギュラーじゃなくて補欠だった」、「高校デビューだった」などなど痛い過去を暴露しまくって、神様も耳を塞がずにはいられないほど懺悔のオンパレードとなりました。

しかし、男どもはすっトボケながら「時効成立だ」と言い放っていたのでした。

 

基本的に男というのは、自分たちの話になるといくらか盛ることをご理解頂けたでしょうか。

なので女性の皆さまは、交際している男どもの“嘘”を発見したときには、かつ丼でも食べさせながら「田舎のお袋さんが泣いているゾ」と、優しく諭してあげてください。咽び泣いて反省することでしょう。

f:id:zexyenmusubi_honnest:20160923095001j:plain