女のホンネとタテマエ~「あなたのノリについていけない」を意味するコトバ~

ホンネスト

ノリが悪いよりは、ノリの良い男子の方が付き合いやすいものですが、ちょっと行き過ぎたノリの男子というのはもう別世界の住人のようです。

あわせて読みたい:【連載】女のホンネとタテマエ~ワガママ男子に言うコトバ~

それがまた好みのタイプだったらとても残念。そんな、彼のノリについていけない時に言うセリフ『若いよね』をご紹介したいと思います。

若いよね=あなたのノリについていけない

ホンネスト

恋愛は違った世代の異性とも出会える機会です。

お互い育った環境も違うし異性なのだから、違って当たり前なのですが、子供のようにはしゃいだりバカ騒ぎしている姿を見ると、何故か感じるすき間風。

そのテンションは私には存在しません……。そんな時、女子はやや冷めた目を向けながら『若いよね』と言い放つのです。

悪ノリ男子は一気に気持ちが冷める

ホンネスト

朝まで飲み倒したり一日中ネットゲームに夢中になったりするのは、若気の至りとして過去の思い出であって欲しいところですが、現在進行形の男子がたまにいます。

そんな男子は自分の欲望に忠実なおかげでストレスが少ないのか、精神的にも外見的にも若い印象を抱きます。

女子は少年のようにはしゃぐ男子にキュンとするものですが、それは時々見せる意外な一面であって、常に少年だとただの悪ノリが過ぎる男子。

精神的な未熟さを漂わせる男子というのは一気に恋の熱が冷めてしまうのです。

男子は「ノリ」より「間」を大切に

ホンネスト

ノリが若い男子は一緒にいて楽しいし、時として良い刺激を貰えますが、将来の事を想像すると、どう考えても自分が「お母さん」という保護者的立場になってしまうのが目に見えています。

そういう関係性を受け入れられる女子は少数派です。女子としては男子には「ノリ」よりも「間」を大切にして欲しいところ。

会話の間とか、言葉の行間に隠れたもう一つの意味を読み取ってくれるような、年相応の落ち着きのある男子の方がよっぽど魅力的に感じるのです。  

意外性があるほど胸キュンしやすいものですが、幼稚な悪ノリを女子から遠回しに指摘されないようご注意ください。

あわせて読みたい:【連載】女のホンネとタテマエ~理屈っぽい男子に言うコトバ~