【ネット婚活】「街コン」で恋人をゲットする究極のテクニック

様々なところで開催されて話題になっている「街コン」。普通の合コンよりも一度に多くの異性に出会えるので、恋人を見つけられる可能性が高い。だが、「街コン」でも恋人を作ることができない人は多いはずだ。そこで今回は、合コンシェルジュの絵音さんに、「成功しやすい街コンの参加方法」について話を聞いてみた。

「街コン」でモテるための2つの会話術

街コンは接触できる時間が短いので、とにかく瞬発力が大切。短時間でいい印象を与えるポイントとしては、まず街コンが開催されている街の話をすること。開催地の近辺で働いているか、住んでいる人が参加している可能性が高いので、その街との繫がりを聞くことから会話をスタートさせるのがベストなのだとか。また、街コンは2人組での参加が多いので、一緒に来ている人との関係性を聞く。同僚なのか、学生時代からの親友なのかなどを聞くと、そこから会話が広がりやすいのだそう。

短時間勝負なので、まずは外見を褒めよう

さらに、普通の合コンとは違い、街コンは短い時間の中で相手のいいところも見つけなくてはいけない。なので、まずは外見を褒めて、次に表情や振る舞いを褒めていくのがベスト。洋服はもちろんのこと、持っている物、身に着けている物などを褒めると、相手は嬉しいし、自然と褒めてくれた人への好感度が上がるのだとか。

好感度が上がる褒め方と下がる褒め方

ただ、むやみに褒めまくればいいというわけではなく、褒め方にもポイントがあるそうだ。例えば、「そのシャツかわいいね」と言ってしまうと、服だけを褒めていて、その人自身を無視してしまっている。しかし、「そのシャツ、すごく似合っていてかわいいね」とか「その服、センスいいね」などと言えば、服もその人も褒めているので、相手は喜んでくれるとのこと。あと、よくあるのが「芸能人の○○に似てますね」というフレーズ。これは、褒めているつもりでも、言われる側からすると嬉しくない場合もあるので、絵音さんいわく、あまりオススメはできないそうだ。「この会場で一番かわいいね」「最初から話したいと思ってたよ」といったセリフが、街コンでは効果があるのだそう。

 

「街コン」は一度で数多くの異性と出会える場。その分、一人一人との接触時間は短い。短時間でどれだけ良い印象を与えることができるかが、成功のカギを握っているようだ。