飲み会で話題になりそうな2015年春ドラマNo.1は?

新生活が始まると同時にスタートする春の新ドラマ。そこで今回は、20代~30代の男女300人に2015年春から始まるテレビドラマへの期待度を調査した。

2015年4月スタートドラマ 期待度ランキング

出典:ホンネスト編集部実施調査(2015年4月)

 

2人に1人はドラマを視聴。飲み会での会話に困ったらドラマの話題で

調査の結果、2人に1人はドラマを見ているという結果に。つまり、合コンや飲み会、街コンなどで話題に困った時、50%の確率で、"ドラマ"という共通の話題で盛り上がる事ができる、と考えることはできないだろうか?

俳優陣、脚本で話題のドラマ『アルジャーノンに花束を』が期待度1位に!

期待度が高いドラマを調査したところ、山下智久が主演、野島伸司が脚本監修を務めるということで、放送前からかなり話題となっていた『アルジャーノンに花束を』が1位に輝いた。

1位:『アルジャーノンに花束を』(TBS) 2位:『天皇の料理番』(TBS) 3位:『Dr.倫太郎』(日本テレビ) 4位:『天使と悪魔-未解決事件匿名交渉課-』(テレビ朝日) 5位:『戦う!書店ガール』(フジテレビ) 5位:『警視庁捜査一課9係』(テレビ朝日)

視聴者が期待しているのは、やはりキャストとストーリー

期待度が高い理由としては、「ストーリーに興味があるから」が66.4%、「キャストが好きだから」が43.6%と、この2つの意見が圧倒的に多いものとなった。『アルジャーノンに花束を』山下智久をはじめ、朝ドラ『花子とアン』で注目を浴びた窪田正孝が出演。『天皇の料理番』佐藤健や、ベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞した実力派女優の黒木華。そして『Dr.倫太郎』では、国民的俳優と言っても過言ではない堺雅人など豪華俳優陣が出演する。過去に出演したドラマの功績もあって、作品に対する期待度が高くなっているようだ。

2015年春ドラマ、実は『半沢直樹』対決!?

「ドラマのTBS」と言われていたこともあり、昨今『半沢直樹』で再び一躍脚光を浴びたTBSドラマ。そのこともあってか、期待度ワンツートップは同局のドラマとなっている。また3位『Dr.倫太郎』の主役は『半沢直樹』の堺雅人。『半沢直樹』を手がけた局が勝つのか、それとも演じた俳優が勝つのか、今期の春ドラマは作品や俳優だけでなく、制作などの裏舞台にも注目したいところだ。

 

ドラマの要であるキャストや脚本で"ドラマ"への期待度が決まるのはもっともである。しかし、驚愕の視聴率を叩きだした『半沢直樹』が舞台の裏側で、2015年の春ドラマに影響してくる可能性も否定できない。映画の話が飲み会等で盛り上がるように、ドラマの話も盛り上がりやすいテーマのひとつ。話題に乗り遅れないためにもチェックしておいて損はないだろう。