「壁ドン」や「顎クイ」に続くキュン死仕草『肩ズン』

「壁ドン」や「顎クイ(あごくい)」に続く女子をキュン死させる仕草として新しく、「肩ズン」が仲間入りしたようだ。キュン死仕草の真打ち、『肩ズン』の魅力を探るべく、Twitterから『肩ズン』に関する本音をまとめてみた。

「肩ズン」は男子が「弱音を吐く」ことで完成!?

"ほほう、男性が頭を女性の肩に乗せて弱音を吐くのが「肩ズン」というんですね。ふむふむ。" "肩ズンって何?背後霊的な重み?"

『肩ズン』とは女子の肩に男子が頭を乗せること。しかし、それだけでは真の「肩ズン」は完成しない。女子の肩に頭を乗せ、更に「弱音を吐く」ことで、「肩ズン」が完成されるのだ。しかし、「肩ズン」のフレーズだけでは、イメージがつかず、一部では誤解も生じているようだ。

肩ズンは壁ドンに次ぐ!?

"壁ドンと肩ズンあるし!! ちょー楽しみ♡♡♡♡ 毎週の癒しだわ。。。 チャニョルぅ〜〜〜〜〜〜〜" "壁ドンの次は肩ズン" "壁ドン→顎クイ→耳つぶ→そして… 人人 人人 >   肩ズン   < ~YYYY~" "肩ズンとあごズン"

「肩ズン」は、壁ドンに次ぐキュン死仕草として女子たちの注目を集めている。また、「肩ズン」のみだけでなく、他のキュン死仕草との合わせ技もあるようだ。さらに早くも「肩ズン」に加えて、「顎ズン(あごずん)」も出てきているが、これは女子の肩に顎を乗せる行為を指している。

肩ズンで「ギャップ萌え」

"なんだこれは。普段とのギャップに魅力を感じるしぐさ 人人 人人 >   肩ズン < ~YYYY~" "まりえってぃとキスブサの肩ずんしました 宮田としくん まりえってぃにギャップ萌え〜〜"

「肩ズン」は、女子の肩に頭を乗せながら男子が「弱音を吐く」という行為だが、女子は「普段とは違った男子の一面」を見ることにより、「ギャップ萌え」をするようだ。ちなみに異性に対してだけでなく、同性同士でもその可愛らしさにギャップ萌えすることがあるらしい。

 

キュン死仕草『肩ズン』。気になる女子がいるなら、時には弱音を吐いて違った一面を見せてみるのも良いかもしれない。ただし、壁ドンと異なり『肩ズン』は直接女子に触れ、更に距離も近いため、行動を起こす際には、女子との関係性を考えてから起こして欲しいアクションの一つだ。