【ネット婚活】趣味コンで言いたい、通な知識 ヱヴァコン編

同じ趣味を持った男女が集まる街コン、いわゆる『趣味コン』というものがある。 好きなモノが同じなら、初対面でも会話が弾むというわけだ。 参加したいけど、知識に自信がない…という人のために、代表的な趣味コンをピックアップ。 ちょっとだけ通ぶれる知識をご紹介しよう。 今回はヱヴァコン編。

ヱヴァコンとは?

ヱヴァンゲリヲンを愛してやまない人々が集うヱヴァコン。 ヱヴァンゲリヲンブーム直撃の30代が、まさに婚活の真っ只中ということで人気なんだとか。 しかし、「ヱヴァなら中学生のころ見てたし」なんて軽い気持ちで参加するのはキケン! 旧世紀から更新していない錆びついたヱヴァ知識では、“にわか”と敬遠されてしまうことになるだろう。

知っておきたいヱヴァ知識①「アスカの苗字が変わってる」

ヱヴァ弐号機のパイロット、アスカ。知ったかぶりをして彼女のことを 「惣流・アスカ・ラングレー」と言ってはいけない。 なぜなら、新劇場版では苗字が“式波”に変わっているのだ。 改名の真相は定かではないのだが、テレビアニメシリーズとは性格が異なっているため、 名前も変えられたという説が一般的。 通ぶりたい場合は、「惣流の方のアスカしか認めない!」などと言っておこう。

知っておきたいヱヴァ知識②「カヲルくんはウンチクの宝庫」

人気キャラ・渚カヲル。初登場はテレビアニメ第24話「最後のシ者」。 ヱヴァのパイロットとして現れたカヲルくんが実は敵対する最後の使徒だったという回。 実は彼の名前には深い意味があり、「シ」と「者」を合わせて「渚」という名前にしているとか。 ちなみに、“カヲル”をそれぞれ一文字ずつ一個前の文字にずらせば“オワリ”。 渚カヲルという名前には、すなわち「シ者オワリ」という意味が込められているらしい。

知っておきたいヱヴァ知識③「庵野秀明が監督した実写映画に仲間由紀恵が出ている」

新世紀ヱヴァンゲリオンで一躍脚光を浴びた監督の庵野秀明氏。 ヱヴァが終わり、次に選んだのが、アニメではなく実写映画。 『ラブ&ポップ』という女子高生の援助交際がテーマの作品で、ブレイク前の仲間由紀恵が脇役で出演。 ヱヴァ関係なしで必見!?

付け焼き刃かもしれないが、オタクと思われるヱヴァ知識。 次に開催されるヱヴァコンのために、世界観がわかりやすい劇場版を観てみるのもオススメ。