【新俗説】深い仲になれるのは、焼肉よりも居酒屋

「焼肉を一緒に食べに行く男女は深い仲になれる」という俗説がある。一つの鉄板を2人でつつき合う、そして臭いを気にしなくてもいい間柄なのだから"深い仲"に違いないと言われている。そこで独身の男女2000人に「交際に発展した食事」について調査を行った。

Q2_2w

出典:ホンネスト編集部実施調査(2015年7月)

Q2_2m

出典:ホンネスト編集部実施調査(2015年7月)

最も交際に発展しやすいのは「居酒屋」

「交際に発展したことがある食事」を聞いたところ、「居酒屋」が17.5%、「焼肉」が6.4%、「バー」が6.4%、「イタリアン」が2.7%という結果に。「焼肉」よりも、約3倍もの人が「居酒屋」での食事で深い仲になることが判明した

男女ともに「居酒屋」で"深い仲"になる

男女別に見てみると、男性は「居酒屋」が17.2%、「焼肉」が7.6%。女性は「居酒屋」が17.7%、「焼肉」が5.2%。男女とも倍以上の差をつけて「居酒屋」の方が「交際に発展する」という結果になった。「焼肉を一緒に食べに行く男女は深い仲になれる」という俗説は覆されたと言っても過言ではないだろう。

恋を発展させたいのなら「リラックスして話せる」居酒屋デートで

では、なぜ「居酒屋」から交際に発展したのか?その理由を聞いてみたところ、「お酒の力を借りて本音が言えた」、「お酒でリラックスして、時間を忘れるほど話せた」、「たくさん話をして意気投合したから」といった意見が多くを占めた。お酒を飲みながら、時間を気にせず色々なことを話しているうちに、お互いのことが理解できるようになり、交際へと発展するようだ。

気になる相手と深い仲になりたいのであれば、「焼肉」よりも「居酒屋」。これは新しい恋愛の法則であると言ってもいいだろう。実際、「焼肉」よりも「居酒屋」の方が、気軽に誘いやすいので、気になる人ができた際にはぜひ試して頂きたい。