4割が「経験人数」をごまかしていることが判明

気になる異性に聞かれたとき、少し考えてしまう質問、それは「過去の経験人数」ではないだろうか。正直に答えた方がいいのか、それとも少しごまかした方がいいものなのか。そこで「過去の経験人数に対するウソ」について独身の男女2000人を対象にアンケートを行った。

約4割の人が「経験人数」でサバをよむ

Q3exp_w

出典:ホンネスト編集部実施調査(2015年7月)

Q3exp_m

出典:ホンネスト編集部実施調査(2015年7月)

まず、これまでの「経験人数」を聞いたところ、男性の平均は6.0人女性の平均は5.3人という結果になった。また、「気になる異性に経験人数を聞かれたら正直に答えるか?」との質問には、男性は37.4%女性は44.9%が「答えない」と回答しており、男性よりも女性の方が経験人数をごまかす傾向にあることが分かった。そして、「異性に対しごまかす人数」だが、男性は4.9人女性は4.4人少なく答えるということが明らかとなった。

男性が経験人数をごかます理由は「遊び人だと思われたくない」

「経験人数をごまかす理由」だが、男性は「遊び人だと思われたくない」、「誠実な男だと思われたい」といった声が目立ち、本当の経験人数を言うことで、気になっている女性から引かれてしまうことを恐れて、少なく言う人が多いようだ。ただ中には、「少なすぎて恥ずかしい」、「見栄を張りたい」と、経験人数を実際より多く答えているという人も若干見受けられた。

女性は自己防衛のために経験人数をごまかす

一方、女性が経験人数をごまかす理由は、「少ない方が好感を持たれそう」、「遊んでいると思われたくない」と、女性も男性と似たような意見が多く集まったが、「軽い女だと思われたくない」という声も多数挙げられていた。ここから女性は「軽い女」だと思われて、体だけの関係になることを警戒していることが推測できる。女性が経験人数を少なく言うのには、"自己防衛"という背景があるのかもしれない。     恋愛においてセンシティブな問題「過去の経験人数」。4割の人が過去の経験人数を4、5人サバを読むということが判明した。好きな人には嫌われたくない、そう思うとついウソをついてしまうのは人間のサガというものだろう。