職場恋愛に影響も!? 5人に1人が接触する『絶食系男子』

恋愛に対して受け身な「草食男子」は、もはや男子をカテゴライズする上で、外せないキーワードとなっている。しかし昨今、恋愛に積極的ではない「草食男子」の遥か上を行く『絶食系男子』が登場した。彼らは"恋愛"云々の前に全く異性に興味がないのだという。様々なメディアで取り上げられた『絶食系男子』だが、その実態までは明らかにされていない。そこで「絶食系男子に対する調査」を独身の男女2000人を対象に行なった。

『絶食系男子』は希少種ではない

Q6_1

出典:ホンネスト編集部実施調査(2015年6月)

人間たるもの、異性に興味を持つのが当たり前。そんな常識を覆す『絶食系男子』。メディアが騒ぎたてただけで、実在しないのでは? と思った人も少なく無いだろう。だが、『絶食系男子』との接触について調査をしたところ、実際に会ったことが「ある」と回答した人が19.0%という結果となり、約5人に1人が『絶食系男子』と接触していることが判明した

職場恋愛に影響を及ぼす『絶食系男子』

Q6_2

出典:ホンネスト編集部実施調査(2015年6月)

「『絶食系男子』との関係性」について調査したところ、「学生時代の同級生」が37.4%と最も多く、「職場の同僚」が16.1%、「職場の上司・先輩」が8.7%、「職場の部下・後輩」が7.4%となった。つまり約4割もの人が、「学生時代の同級生」を「絶食系男子」だと認定している事が分かった。また、「職場」で『絶食系男子』だと認定されている人は32.2%で、現在は「職場恋愛」がしづらい環境になっているのかもしれない。

『絶食系男子』の6割が20代男子であることが判明

Q6_3

出典:ホンネスト編集部実施調査(2015年6月)

「絶食系男子だった人の年齢」を聞いたところ、「20~24歳」が37.1%、「25~29歳」が23.9%で、『絶食系男子』の61%が「20代」であることが判明した。また『絶食系男子』の22.4%が30代という結果になり、結婚を意識しやすいであろう20代、30代に恋愛や異性に興味がない『絶食系男子』が集中している。

一過性のブームかと思われた『絶食系男子』だが、5人に1人が彼らと接触するなど、出現率は高いようだ。異性や恋愛に興味がないのは、果たして彼らのせいなのだろうか? 合コンや飲み会といったアクティブな出会いは彼らにとってハードルが高いかも知れないが、今はSNSで出会ったり、ネットやアプリで恋活をするなど、それほどカロリーを使わない異性との出会い方もある。もし『絶食系男子』に出くわしたら、そっと手軽にできる"出会い方"を教えてあげてほしい。