女子の敵?「女子力」を身につけた男性「女子力男子」が出現?

美容やファッションへの意識が高いキラキラ女子に使われていた「女子力」。 最近では、「女子力」の高い「女子力男子」が現れているという。

「女子力男子」の特徴とは

まずは、女子力の高い女性と同様、美容に手をかける男性。 ムダ毛の処理をしたり、アンチエイジングのために、化粧品や食べ物にこだわったり。 そういえば、昔よりもツルっとした肌の男性が増えているように思われる。

次に、女性顔負けの弁当を職場に持参する「弁当男子」に代表されるように、料理が上手な男性。 昔からいる料理上手な男性との違いは、男料理を作るのではなく、女子が好むヘルシーでお洒落な料理を作り、盛り付けも上手。

それから、甘いものが大好きで話題のスイーツやパティスリーに詳しい男性。 一人でもスイーツを食べに行ったり、差し入れのスイーツが、気が利いていたりする。

「女子力男子」は草食系男子ではない

「女子力男子」=草食系男子と思うかもしれないが、それは間違いで、なよっとした男性や、恋に受け身な男性を指すのではない。

例えば、フィギュアスケートの羽生結弦選手は、アイドル顔負けの美しい顔立ちでプーさん好きで知られているが、氷上にあがるとキリっとした表情で、男らしい力強い演技を披露する。

速水もこみちさんも、料理が上手という女性的なキャラクターがウケているのではなく、男性としてカッコイイのにもかかわらず、料理がプロ並みだから評判になる。

つまり「女子力男子」は、男性的な一面も持ち合わせながら、女子力も兼ね備えた男子なのだ。

「女子力男子」は女性の味方?ライバル?

「女子力男子」は、女性と共通の話題で盛り上がりやすく、場合によっては、恋の対象にもなる男性。 でも、気になる彼が、「お前、女子力高いな~」と男性に言っていて嫉妬する、というシーンもあるかもしれない。

男女平等の考えが浸透し、結婚しても共働きが一般化してきた時代。 女性も外で働き、男性は家事も育児もする… 「女子力男子」のように今後ますます、男性と女性の役割がボーダレス化していくのかもしれない。