結婚相談所初心者必見! 好感度が上がる方法3つ

結婚相談所を利用してみようと思っていても、プロフィールをどう書けばいいのか、写真は…と結婚相談所の入り口でつまずく人もいるだろう。 そこで今回は、結婚相談所の方に好感度を上げるプロフィール作成のポイントを聞いてきた。

写真、男性は自然な笑顔で、女性はキチンとした感じを

プロフィールを作成するにあたって一番重要とも言えるのが写真。 男性の写真は、「自然な笑顔」が好印象。 腕を組んだり、座って足を組んだりする男らしい姿勢や表情は、女性に向けた写真としてはオススメできないとか。

女性は手を綺麗に添え、きちんとした雰囲気を出すことがポイント。 若干アゴをひいて、カメラに目線を合わせ“笑顔”で写ることを意識すると男性に好印象を与えることが出来るのだそう。

男性は靴元に注意、女性は黒や紺など地味目のファッションは避ける

男性は主にスーツで撮影する事が多いので、撮影時はベルト付近のシャツの着こなしや、上着のボタンのしめ方などに注意を。

また、女性と会う時、特に気を配って欲しいのが靴。 靴は女性が一番チェックするポイントなので、靴元が汚いと女性に、第一印象で“だらしない”イメージを与えてしまうのだそう。

女性は撮影時、スーツやワンピース、カーディガンとスカートなど、女性らしいコーディネートがベター。 そこで注意して頂きたいのが色。 黒や紺、グレーといった地味目の色を選んでしまう女性が多いが、写真では相手に堅いイメージを与えてしまったり、年齢以上に見られてしまったりすることもあるので、黄色やオレンジ、ピンクなどの暖色系や、やわらかい印象の色がオススメだとか。

自己PR文では、男性は将来設計を、女性は女子力アピールを

女性は、男性の仕事内容や、将来設計を重視しているという。 一緒に人生を歩む人を意識するので、価値観などもチェックするようだ。

一方、男性は女性に”癒やし”を求めているので、女性の性格を重視。 書き方としては、「周囲からは優しい性格だと言われる」と書くなど、第三者の視点でアピールするのがいいのだとか。

また、女子力アピールは好感が持てるらしく、特に料理好きアピールは男性に響くらしい。

好感が持てるプロフィール作成のポイントは、男女で違いがあり、男性にはたくましさを、女性には女子力をと、古風なテイストが好まれる傾向にあるようだ。