【ネット婚活】【連載 : 男と女のなぜ】男女の友情、恋愛に発展しやすいのは男性!?

あわせて読みたい:【連載 : 男と女のなぜ】 なぜ仕事と恋愛は両立しないのか?

「男女の友情は成立するのか? 」これは誰もが一度は考えたことがあるテーマではないでしょうか? そして、この問いは「男女の友情は愛情に変化するのか?」という問いとほぼイコールだと僕は思っています。友情から愛情に変化することがないのならば、友情は成り立つ。しかし、そんなつもりじゃなかったのに、好きになってしまうことも… その場合、友情は音を立てて崩れていく。

事実、僕自身、高校時代に異性の友人と話しているうちに、好きになってしまった経験があります。しかし、その恋は相手が恋愛感情を一切持っていないことが分かり、静かに幕を閉じました。するとどうでしょう? 元々あった友情も何だか白々しいものになり、喪失感に苦しめられたのです。それ以来、僕は男女の友情は期間限定でしかありえないと信じ、孤独な人生を歩んできました。

今回、そんな男女の友情という永遠のテーマに答えを出してくれるのが「『なるほど!』とわかる マンガ はじめての恋愛心理学」。この問題について、心理学からどう分析できるのでしょうか。

まず分かったことは、男性よりも女性のほうが「男女の友情は成立する」と思っているということ。本著によると、「男女の友情は成立するか?」という問いに対し、男性よりも女性が多く賛成していたアンケート結果が示されていました。さらに、社会心理学者ルビンの調査によって、女性は友情の好きと恋愛の好き、2種類の好きを巧みに使い分けていることがわかったのです。

そして、アメリカの心理学者レチェックの調査においては、男性の方が女友達に対して性的関心を抱きやすく「もしかして恋愛感情を持たれているのでは? 」と勘違いしやすいこともわかっているそうです。つまり、女性は友情を感じた男性とは恋愛に発展しにくい。一方、男性は節操なく誰とでも恋愛に発展できるということでしょうか。

意中の女性があなたに恋愛相談など、色々打ち明けてくれていたとしても、それで好きになってしまうのは大変危険です。それは友情を感じているだけで、恋愛感情とは無縁の感情であることもしっかり想定しておきましょう。抱かれているのは友情なのか、それとも恋愛感情なのか? 男女の駆け引きにおいて、第一に確認しておきたい事項です。

あわせて読みたい:【連載 : 男と女のなぜ】オクテ男子はなぜ会話で地雷を踏むのか?