男がゲンナリする女の口癖~男が苦手な女の一言~

あわせて読みたい:女子に捧ぐ! これが男子のゲンナリフレーズ~一番言われたくない言葉~

「女の涙に男は弱い」よく耳にする言葉です。女性の涙にホロッとしてしまうこともあれば、逆にイラッとしたり、面倒に感じてしまうこともあります。そこで男性が面倒だと思ってしまうフレーズ『泣きそう』を紹介したいと思います。

何度も言うと男性が引いてしまう

『泣きそう』というフレーズは、場面や使い方で、男性に与える印象は大きく変わってしまいます。感動して『泣きそう』なのであれば、男性に好印象を与えることでしょう。ただ、マイナスの意味で発せられる『泣きそう』は、男性を困らせてしまいます。しかも、このフレーズを連発するような女性は、確実に男性から遠ざけられてしまいます

「面倒くさい」と思われる

男性は簡単に人前で泣かない生き物です。涙を見せないことがカッコイイという美学を持っている人もいるでしょう。だからこそ、人前で泣き出す女性のことがなかなか理解できないし、泣かれたときにどうしたらいいのか分からなくなってしまうのです。言い方は悪いのですが、「面倒くさい」と感じてしまうことが多々あるというのが本音なのです。

「かまってちゃん」に見られてしまう恐れも

一番ダメなケースが、何か失敗をしたり、上手くことが運ばなかったりした時にこの『泣きそう』というフレーズを言ってしまうことです。ちょっとしたミスにも関わらずこのフレーズを発する女性は「うっとうしい」と思われます。正直男性からすると、「かまってちゃん」のようにしか見えません。これは、男性が一番苦手な女性像でもあるのです。

 

「女の涙」はここぞというときに使うもの。常に泣いてばかりの女性は、男性には重荷です。そこは絶対に勘違いしてはいけないポイントです。

あわせて読みたい:男がゲンナリする女の口癖~男に見捨てられる言葉~