女子力がアップする世界一美しい食べ方 ~串焼き編~

「肉を串から外そうとしたら勢い余って皿の外に… 」「最後の一個が食べにくい… 」など、"あるある"な悩みで世の女性たちを困らせる串焼き。飲み会や合コンの時、串焼きの食べ方で、男性に悪印象を与えたくない、と思う女性は少なくないだろう。一体どうすればきれいに食べられるのか? そこで、TV等で活躍する人気のテーブルマナー講師・小倉朋子先生の著書『世界一美しい 食べ方のマナー』から、女子力をアップさせる美しい串焼きの食べ方をご紹介しよう。

串焼きを美しく食べるポイント

立ち飲みや大衆居酒屋などではカジュアルながらも上品に、ちょっとかしこまったお店では、気品ある美しい食べ方で。お店の雰囲気により食べ方を使い分け、場の空気を乱さないのが串焼きを食べるポイントだ。

見栄えも美味しさも違う 肉の美しい外し方

串焼きの場合、串を手に持って食べても構わないが、やはりおしゃれな店で食べる時は、串から外して食べた方がよいだろう。串から肉を美しく外すコツは、肉や野菜ではなく串を動かすこと。箸で軽く肉を抑えながら串をゆっくり回すと楽に外すことができる。この時、串先を皿につけるとより安定し、外しやすくなる。そして、一度に全部外すのではなく、一つ外したら食べ、また一つ外したら食べを繰り返す。力いっぱい肉を引き抜こうとすると肉汁が出てしまい、美味しさも見栄えもダウンしてしまうので、気をつけたいところだ。

串につけたまま美しく食べるには

ガード下の焼き鳥屋や立ち飲みの店など、他の人が串を手に持って食べている時は、その場のTPOに合わせて、上品ながらも粋に食べたいもの。しかし、串から直接焼き鳥を食べると2つ目、3つ目の肉は串が口の中に刺さりそうで食べにくくなる。そんな時は、肉を2口に分けるのが美しく食べるコツ。まず肉の片面、手前半分を食べてから串を180度回転させて残りを食べる。こうすれば苦労せずに美味しく美しく頂ける。

BBQでも美しく! 洋風串焼き"ブロシェット"の食べ方

これからの季節、バーベキューで実践したいのが洋風串焼き"ブロシェット"の食べ方。ブロシェットは鉄串を使った熱伝導により、肉の内部からも加熱している料理。つまり、鉄串は調理器具なので、例外なく肉や野菜は外すようにしよう。肉の間にフォークを入れ、フォークをずらしながら肉を外し、その後はナイフとフォークで一口サイズに切って食べる。こうすれば、バーベキューで他の女子に差をつけることができるはずだ。