男性は10代よりも30代の方が「盛りメイク」に寛容!

「つけま」「カラコン」「アイプチ」を駆使した「盛りメイク」。 派手なイメージのある盛りメイクだが、男性はこれらをどう思っているのだろうか? その実態を明らかにすべく、株式会社リビジェンはメイクに関する意識を調査した。

女性のメイク、どのメイクなら許容できる?

「つけまつ毛」「カラコン」「アイプチ、メザイク」この3つの内、許容できるメイクを男性に質問したところ「つけまつ毛」が最も多く52%であった。 次いで「カラコン」が33.3%、「アイプチ、メザイク」が25.9%という結果に。

「このなかにはない(いずれも許容範囲でない)」という男性は全体では35.3%であった。 しかし、「いずれも許容範囲でない」という回答を年代別にみると、10代では60.5%であったのに対し、30代は31%。 10代男子に比べ、30代の男性の方が女性の「盛りメイク」に寛容であるようだ。

盛りメイク、男性はどう思っている?

「つけまやカラコン、アイプチなどを用いるメイクについてあなたの意見を教えてください」という質問に対し、男性から下記のような回答が集まった。

・「体に害がありそうなものは基本やめてほしい。カラコンやアイプチは見ていてだめ(28歳・男性・会社員)」 ・「原形不明なメイクは恐ろしい(31歳・男性・会社員)」 ・「自分を綺麗に見せるためにメイクをすることは悪いことではないが、やりすぎに注意(39歳・男性・会社員)」

女性の健康を気づかう意見もある中で、素顔が分からなくなってしまうのがイヤという意見が多いようだ。 「やり過ぎに注意」という意見に代表されるように、「盛りメイク」に寛容な男性も、実はナチュラルな方がいいと思っているのかもしれない。

メイクは女性を美しく輝かせるもの。 盛りメイクは10代よりも30代男性のほうが許容してくれるということが分かった。 しかし、盛りメイクを許容している男子でも、実はナチュラルメイクの方が良いと思っているかもしれない。 女子は是非「やりすぎ」に十分注意した上で、自分の美しさや可愛さを引き出してほしい。