女子に捧ぐ!これが男子のゲンナリフレーズ~「お父さんみたい」は厳禁~

あわせて読みたい:男がゲンナリする女の口癖~「二度と口も利きたくない」と思われてしまう一言~

褒め言葉のつもりで言ったのに、なぜかそうは捉えてもらえていない。 そんなことってよくありますよね。 実はこれは男女間の恋愛においても、よく起こり得る出来事でもあるのです。

そこで今回は、拙著『男は耳で恋をする』の中から、褒めたつもりで言ったのに男性を傷つけてしまっている言葉、『お父さん』について説明したいと思います。

『お父さん』は「男として見られていない」と感じてしまうフレーズ

『素敵なお父さんになりそう』 …子供好きな一面などを見たときに、褒めるつもりで言ってしまいがちなひと言ですよね。 でも、男性からすると複雑な思いになってしまうのです。

「いい旦那さんになりそう」「いいお父さんになりそう」は、一見すると似ているように聞こえますが、男性の捉え方は大きく違ってきます。 「旦那さん」というフレーズは彼氏や結婚相手として見てくれているということが伝わりますが、「お父さん」は異性としては見られていないニュアンスになってしまい、 男性は落ち込んでしまうのです。

未婚男性には全くピンと来ない褒め言葉

そもそも多くの未婚男性は、「いい夫になりたい」とは思っていても、「いい父親になりたい」とは思っていない。 それは結婚をして子供ができてから初めて思い始めることなのです。

まだ結婚もしていない男性が、いきなり父親としての素質を褒められても、全くピンと来ないし、喜び方だってよくわからない。 それが、このフレーズ『お父さん』と言われたときの男性の本音であると言えるでしょう。

「いいお父さんになりそう」と言って、周りにいた女の子たちに「うんうん、確かに!」なんて相づちを打たれると、自分が男として見られていない事実に男性のゲンナリ度はさらにアップしてしまうのです。

「旦那さん」や「彼氏」としての素質を褒めてあげるべき

自分のことを「男」として見てくれていないと感じた女性に対しては、男性側も「女」として見ることができなくなります。 『お父さん』という言葉は、恋愛感情を無くしてしまうフレーズでもあるのです。

男性を褒めようとして放ったひと言。 でも実はその言葉こそが、あなたと彼を引き離してしまう可能性だってあるのです。

まずは、『お父さん』ではなく、『旦那さん』や『彼氏』としての素質を褒めてあげることが、未婚男性に喜ばれる秘訣ですよ。

あわせて読みたい:男がゲンナリする女の口癖~男が嫌気をさす女の一言~