【ネット婚活】【連載:男と女のなぜ】男女で異なるパーソナルスペースの落とし穴

あわせて読みたい:【連載:男と女のなぜ】 恋は半径100メートル以内で起こる?

電車やバスで他にも空席があるにも関わらず自分の隣に美女が座ったとき… 飲みの席で初対面の女性がやたらとボディタッチをしてきたとき… 「この娘は自分に気があるんじゃないのか?」と思ってしまうのが男のサガ。 そうして、「あいつは俺のことが好きだ」と勝手に思い込み、アタックするものの、あっさり振られる。

なぜ、こんな悲劇が起きてしまうのか? 今回も、数々の恋愛番組に携わったベテラン放送作家、通称・先生を直撃。 すると先生は、しょうがねーなという態度をとりながらも、「お前、エドワード・ホールも知らないの?」とドヤ顔で語り始めました…

先生にとっては超有名人である、アメリカの文化人類学者エドワード・ホール氏によると、「相手との距離の取り方」に秘密があると言います。 そもそも人と人の距離とは…

① 密接距離(intimate distance) :0cm~45cm ・身体に容易に触れることが出来る距離。 家族、恋人など、ごく親しい人に限り、この距離にいることは許される。

② 個体距離(personal distance) :45cm~120cm ・手を伸ばせば相手に届く距離。友人同士の会話では、この程度の距離がとられる。

③ 社会距離(social distance) :120cm~350cm ・身体に触れることは出来ない距離。職場で上司と接するときにとられる距離。

④ 公衆距離(public distance) :350cm以上 ・講演会や公式な場でとられる距離。

以上の4つに分類されるそうです。

中でも重要なのは、②の個体距離。別名パーソナルスペースと呼ばれる、縄張り感覚が及ぶ範囲です。 この中に他人が入ってくると、心理的な緊張が起こるのですが、このパーソナルスペースは、一般的に男性の方が女性より広い。 実は、これが悲劇が起こる原因。

仮に、女性と男性の距離が50センチだったとしましょう。 その距離の場合、男性は自分のパーソナルスペースに侵入されているのでドキドキしてしまう、つまり「もしかして、俺に気があるんじゃないの?」状態。 しかし、女性にとってはまだまだ『社会距離』であり、あくまでも職場の上司に接するような感覚なのです。

「女は皆、男を翻弄する生まれながらの小悪魔ちゃんってことだな」と、ニヤつきながらまとめた先生。 その場では「さすがですね」と太鼓持ちに徹したものの、その発言にうすら寒いものを感じてしまい、心の距離が離れていったことはココだけの話です。

 あわせて読みたい:【連載 : 男と女のなぜ】最高の第一印象から最高の恋が生まれる