【ネット婚活】【連載:男と女のなぜ】 恋は半径100メートル以内で起こる?

あわせて読みたい:【連載:男と女のなぜ】 女性を落とす声の秘密

30歳にもなって恋愛について真剣に悩んでいます。 「気になっている人を落とすにはどうしたよいのか?」

学生時代ならラジオDJに相談でもしたのでしょうが、この歳でそれはキツイ… そこで頼りにしているのが、人気恋愛番組を手がけたベテラン放送作家。 若手放送作家の僕にとって先生にあたる人です。

前回の相談以降、先生が出没する場所には先回りするほど、慕っている僕。 今回は先生お気に入りの息抜きスポットで話を伺いました。

気になる人と付き合う極意を先生に伺うと、 「恋は100メートル以内で起きる」とのこと。

つまり、単純に会う機会が多いというのが重要なのだそう。 人間は誰でも、よく見かけたり、聞いたりする機会が多いというだけで、その対象に好意的な感情を抱く心理傾向があるそうなんです。

テレビのコマーシャルや、流行の歌とかがいい例ですよね。 AKBとか特別好きではないのですが、思わず口ずさんでる時がありますし。

実はこの現象、科学的にも証明されているそうなんです。 アメリカの心理学者・ザイオンスは、大学の卒業アルバムから抜き取った10枚の写真を被験者に見せ、それぞれの写真の人物について、好感度を聞くという実験を行いました。 ただし、このとき、写真を見せる回数に差をつけたんです、1番少ないもので1回。多いもので25回。

すると、多く見せられた写真の人物ほど好感度が高くなったとか。 この接触回数が増えるほど好意を抱きやすくなる現象を、 心理学では“単純接触の原理”というんだそうです。

さすが先生、こと恋愛のこととなると我を忘れて熱弁してくれます。 “単純接触の原理”、是非使いたいですね!

またもや感服している僕に、今度は先生から質問が。 先生しか知らない場所に何故僕がいるのか気になるようです。 それはもちろん、先生の後をつけてきたからに決まってるんですけどね。

すると先生、もう一つアドバイスをくれました。 “単純接触の原理”が作用するには、条件があるんだそうです。 それは、第一印象が肯定的、あるいは、中立であるということ。 なんと第一印象が悪いと逆効果なってしまうんです。

先生はそれだけ言い終わると、また不機嫌そうに仕事に戻ってしまいました。 “単純接触の原理”はもろ刃の剣なんですね。皆さんも気を付けて!

 あわせて読みたい:【連載 : 男と女のなぜ】オクテ男子はなぜ片思いで終わるのか?