【連載】オトナ漫画の原作者が本音を吐露、日常に潜むちょっとエロスなエトセトラ~和菓子編~

最近は、パンケーキやポップコーンなど、洋物スイーツが脚光を浴びています。雑誌やテレビで洋菓子ばかりが幅を利かせ、和菓子はいつも日陰の女…。和菓子から、女のしとやかなジェラシーをビンビンに感じてしまう私は、ついつい和菓子店へ足を運んでします。そこで今回は、日本人の心、和菓子に潜むエロスをご紹介したいと思います。

せんべい

ジャパニーズトラディショナルスイーツ界の不動のセンターと言えばおせんべいと言えますでしょうか。入れ歯事情が複雑な老人さえも、危険を犯して手を伸ばす。おせんべいは、まさに小悪魔的存在です。カッチカチに固い大きなおせんべいにしゃぶり付き、周りの人に聞かれてしまっては恥ずかしい音を立てながら口の中いっぱいに頬張る。そして、唾液で溢れる口中を絶妙なる舌使いで飲みこんでゆくのです。それはまさに、止められない止まらない愛の媚薬なのです。

ようかん

豆を、執拗なまでに煮詰めて掻き回し、型に流し込みほど良い弾力を感じる程度まで固める。それがようかんです。黒くどっしりとした安定感のある魅惑のボディは、大人の女性のように時間をかけて生まれた代物。ひとたび口の中に入れますと、胸焼けするほどに甘くねっとりとした大人の味が口中で官能的に広がってゆくのです。口いっぱいに頬張れば、思わず熱く苦い濃い緑茶を流し込みたくなるくらいの存在感で私たちを圧倒する濃厚なあんこ。ようかんのあんこには、若い女性には出せない濃密な人生を乗り越えた女の底意地を感じてなりません。

たい焼き

買い食いの王道、たい焼き。ぽってりした厚い唇にすっとぼけた愛らしいフェイス。我慢できないあんこが今にも漏れてしまいそうなくらいパンパンなフォルムは、視界に入ると食べずにはいられません。じりじりと熱い鉄板の上で、ケンカして海に逃げ込むこともせず、誰かのお口の中に熱い身体をぶち込まれる瞬間を夢見て辛抱強く待っています。前から攻めると、お口の中いっぱいにあんこを出し、後ろから攻めると、ねっとりふんわりとした甘い生地をお口の中に届ける。たい焼きは、手のひらと口の中を温かくするだけでなく、いろんな温もりを私たちに教えてくれます。

 

和菓子ほどわびさびを感じるエロスを届けてくれるものはありません。スイーツは、食欲だけでなく性欲すらも刺激してくれます。食べ過ぎ注意と呼ばれるのもうなずけてしまうのです。