【ネット婚活】愛すべき残念男子~ゲーム大好き男子編~

好きになった人が、実はすごく「残念男子」だった。そんな経験はありますでしょうか? 愛があれば大丈夫! なんて冬に活躍する歌姫ばりに気丈に振る舞った時代もありましたが、やはり「残念」の壁はベルリンの壁よりも厚いのです。「残念男子」を一人でも無くしたい。草の根運動のように、私は諦めずこの場を借りて叫び続けます。「残念男子」がいなくなるその日まで。今回は、「ゲーム」に関する「残念男子」をご紹介したいと思います。

「残念男子」認定ポイント①ゲームイベント時は消息不明

恋愛中の女子にとって「イベント期間」ほど、恐ろしいものはありません。LINEをしても既読にならず、電話をしても繋がらない。思わず捜索願いを出したくなりますが、彼は大抵家にいるのです。私とのイベントよりも、仲間と競えるゲームイベントの方が大切…。そんな事をされてしまうと、彼へのスコアは下がってゆく一方なのです。

「残念男子」認定ポイント②課金がハンパない

ゲーム大好き残念男子は、基本課金が当たり前です。課金する事でしか手に入らないアイテムなど、ボスキャラ攻略のためにお金を惜しみません。多少の課金ならば許容範囲でもあるのですが、それが日常生活に支障が出るレベルだと非常に残念。一緒に出掛けたり、プレゼントしたり…そんな事にお金を使うより、ゲームに課金。私に課金してくれた方がよっぽどレアなスペシャルサービスしをするのに…

「残念男子」認定ポイント③リアルな世界にゲームコマンド

ゲーム命の残念男子は、現実世界にもゲームコマンドを持ち出します。都合が悪くなると「ポーズ」「一時中断」。私への返答もおそらく脳内でセリフのコマンドが選択肢としていくつか存在している模様…。そうなると、このラブゲームはゲームオーバー。リプレイ不可なので再度ダウンロードしてください。次回は女子を攻略するための攻略サイトを用いて臨んでください。そう切に願うのです。     ゲームは、現実を忘れて夢中になれるものです。ストレス発散方法がギャンブルという人よりも、よっぽどお金のかからない省エネ男子だとは思いますが、一歩間違えると「残念男子」一直線。「何事もほどほどに」その合言葉さえ守っていただければ「残念男子」にはならずに済むと思うのです。