【連載:男子が胸キュンする言葉たち】~お誘いデキるひと言編~

気になる男性と、デートや食事に行ってみたい。 誰でもそんなコトを思った経験はありますよね? でも、女性からはなかなか誘いづらいもコトでもあると思います。

そこで今回は、拙著『男は耳で恋をする』の中から、何気なく男性をお誘いすることができちゃう フレーズ、『連れてってください』を紹介したいと思います。

軽いノリなのに「お誘い」ができてしまうフレーズ

気になる男性と雑談をしていて、話題のスポットや、人気の飲食店の話題になったとき。 あくまでも何気な~く、やや軽い感じのノリでこのフレーズを言ってみてください。

「今度連れてってくださいよ~」。 そんな軽いノリであっても、女性からのお誘いの言葉であることに間違いはないのです。 なので、男性は内心ドキドキしてしまっているものなのです。

ちょっぴり甘えた「おねだり感」を出すことができる

『連れてってください』は、「一緒に行きましょう」よりも女性が一歩下がっているかのように、男性には聞こえています。

それこそがこのフレーズの一番の強み。ちょっと甘えたようなおねだり感が出て、女性の可愛らしさが一気に増します。 男性からすると、可愛く甘えられながら誘われているという、最高のシチュエーションが完成しているのです。

男性から「この子、なんか可愛く見えるなぁ」と思われる女性は、この甘えたおねだり感を出すのが上手な人が多いのです。 『連れてってください』は、そのおねだり感をうまく演出することができる、いわば魔法のフレーズなのです。

『連れてってください』は、「男のプライド」を上手にくすぐるコトバ

男性は常に女性の上に立っていたい生き物です。 自分がリードしたいし、色々教えてあげたりもしたい。つまるところ男性は優位に立ちたいというプライドの塊でもあります。

そんな男性の本能を満たしてくれて、プライドを上手にくすぐれるのが、『連れてってください』というフレーズなのです。 これを言えば「じゃあ、連れてってやるか!」と、男性も喜んでくれることでしょう。

ただ、あまりに真面目な感じで言ってしまうと、一気に重いフレーズになってしまい、面倒くさい女に思われてしまう危険性もあるので、あくまで軽いノリで言ってみることが大事ですよ。