コレが女のホンネ? タクラン女子って?

世の中にはモテるブサメンが存在する。 合コンでは、面白いことを言い、かゆいところに手が届くような優しさを発揮するタイプがそれだ。 そんなブサメンは、一見モテそうなオラオラ系イケメンを差し置いて、あっさりゴールインするらしい。

しかしそれは幸せな「ゴールイン」ではない?

世の中にはよそで作った子供を、しれっと夫に育てさせる『托卵女子』(たくらんじょし)なるものが存在する。 その理由のひとつが、「ブサイクだけど、財力があり、優しい夫と結婚しても、イケメンの子供がほしい」、というもの。

ネット上には「面喰いを治す方法はありますか?」という質問が投稿されており、「面食いを治そうと、優しいブサメンと付き合ってはみたが、顔を見るたびに嫌になって破局した」など、「イケメンへの固執」と「ブサメンとの幸せ」の間で揺れる乙女心が赤裸々に語られている。 中には、「私の面喰いは不治の病」と言い切る女性も。

今回は、世の自覚あるブサメンのために、面喰いを治せない「タクラン女子」予備軍を見分ける方法を教えよう。

1.好きなタレントを聞く 「芸能人で誰が好き?」合コンでよくある会話のひとつだが、面喰いを見分けるには魔法の質問。 おっかけをしているレベルなら、面喰い決定。

2.常に美を追求する人 まつ毛エクステやネイルサロンにこまめに通ったり、化粧直しを怠らないなど、美意識が高い女性は、面喰い。 イケメンに見合う女性になりたいという願望の表れかも。

3.道端で、イケメンチェックを欠かさない 普段の会話では、「顔よりも中身」と言いながら、道端で好みの男性とすれ違えば「今の人、イケメンだったよね?」と言う。 合コンでの「顔よりも中身」というセリフはあてにならない。会話の相手がブサメンならば、なおさらだ。

4.自分の容姿に自信がない 才能や性格しかり、人はないものねだりをする生き物。 そんな容姿に自信が無い人も、イケメンを好む傾向がある。

5.母性が強い 母性が強い人は、くたびれたオヤジよりも若さ溢れる年下男性が好み。 さらに、免疫力が高い遺伝子を持つ男性は、容姿端麗が多いという。 子煩悩な女性ほど、面喰いなのかもしれない。

以上、結婚を幸せのゴールとしたいブサメンは、こんな女性に気をつけた方がいいかもしれない。 「タクラン女子」は目的のためには手段を選ばない恐ろしい生き物なのだから…。