女子がぶっちゃけ! 男子が勘違いしている体のニオイ

汗をかく夏に気になる「体臭」。しかし、夏に比べて汗をかかない冬場も、実は気を抜けないのだ。 株式会社ネオマーケティングでは、『働く男の冬のニオイ』について、男女計450人にアンケート調査を行った。 調査から発覚したのは男子と女子との間で気になるニオイにズレがあるという事実。 もしかしたら自分が気づかない間に、好きな女子の前で嫌なニオイを発しているかもしれない。

「ニオってない」と思っているのは本人だけ

男子に「冬の男子のニオイ」についてアンケートを行うと「自分以外の男子のニオイが気になる」と回答したのが74.7%であるのに対し、「自分のニオイが気になる」と回答したのが34.7%であった。 「自分のニオイは気にしないのに、他人のニオイは気にする」という自分に甘く他人に厳しい評価を行っていることが分かる。

男子と女子で気になる「ニオイのポイント」にズレ

男子が気になっている冬の衣服のニオイ、第1位は「靴下(45.3%)」、第2位は「Yシャツ(42.7%)」、第3位は「インナー(36%)」であった。 これに対し女子が気になっている第1位は「Yシャツ(49.3%)」、第2位は「ジャケット(44.7%)」、第3位「コート(28.7%)」という結果になった。 男子は見えない肌着系のニオイを気にしているのに対し、女子はお手入れのしづらいアウターのニオイを気にしている。 この結果から、男子と女子で気になる衣類のニオイの種類が違うことが分かるだろう。

飲み会の翌朝もニオっている!?

通勤中の電車で「前日の飲み会がニオイで分かりますか」という質問に対し、実に7割以上の男女が「わかる」と回答している。 楽しかった飲み会、飲んだその日だけでなく、翌朝も「飲み会のニオイ」は残っているのだ。

ニオう男子に対して抱くのはネガティブな感情のみ

飲み会のニオイを翌日まで持ち越す男子に対して8割以上の女性が「不潔に思う」「だらしない」「自己管理ができていない」「一緒にいると恥ずかしい」と、なんともネガティブな想いを抱いているようだ。

自分のニオイに対する意識が薄れてしまう冬。 季節を問わず、女子は男子のニオイを気にしていることが明らかになった。 冬はなにかと飲み会が増える季節。 女子に引かれないためにも、飲み会のニオイを翌日に持ち越さないように気をつけたい。