【ネット婚活】出会いを呼び起こす! お手軽ジンクス3選

幸せになれると言われるジンクスには様々な種類がある。特別な事前準備をすることなく実行できるジンクスは幸せになりたい人はぜひやっておくべきだ。そこで調査のプロ・リサーチャーさんがピックアップしてくれたのが、観光がてらに行えるお手軽な3つのジンクスだ。

占い用紙と硬貨で幸せが?八重垣神社

縁結びの神として知られている島根県・八重垣神社は、スサノオノミコトとその妻イナタヒメノミコトを祀った神社で、出雲大社に並ぶパワースポット。本殿の奥にある小さな池は、イナタヒメノミコトが鏡の代わりに使用していたと伝わる池。ここで占い用紙に硬貨を載せ、池に浮かべると、紙が沈むまでの時間で良縁を占うことができると言われている。

ご住職と握手で良縁が訪れる若松寺

山形県・若松寺は1300年の歴史がある、縁結びにご利益のある寺院。これまで、境内の縁福大風鈴をゆっくりと3回鳴らすと良縁が訪れると言われてきたが、最近ではさらにご住職と握手をするとよい結果が得られると話題になっている。手をつなぐことで観音様のパワーを得ることができるのだという。ご住職はその人のもつ気や縁を感じ取り、アドバイスも行ってくれる。事前に予約してぜひご住職と会いたいお寺だ。

頭をなでると幸せに!島根県立美術館

島根県立美術館の外の芝生広場にある、宍道湖(しんじこ)うさぎ。12匹のうさぎの銅像が宍道湖を眺めながらジャンプするように並んでいるが、この2番目のうさぎの頭を西方向へ向かってなでると幸せが訪れると言われている。うさぎにしじみをお供えするとさらに効果的なのだとか。湖の目前の美しい景色も魅力的なジンクススポットだ。

 

そのほかにも、一緒に写真を撮ったり手紙を送ると幸せになれるというカラコロ工房のピンクのポストなど、不思議なパワーのあるスポットは身近なところにも存在する。簡単だがやってみると本当に幸せが訪れたという声も多数あるのだそう。これらのジンクス、あなたも試してみてはいかがだろうか?