カップルで入りたい 愛が深まる混浴温泉 ~栃木編~

かけがえのないあの人とかけ流しの源泉でほっこり癒されたい。そんなアツアツの温泉デートを実現したいあなたのために、カップルで行ける混浴温泉をご紹介。温泉ガイド『絶景混浴・貸切温泉 2015年版』から、今回クローズアップするのは栃木県。都心から行ける温泉地帯は、知られざる穴場の混浴温泉の宝庫でもあった。

胃腸に効くと評判の混浴岩風呂 塩原温泉

夏の暑さで少々バテ気味の人を誘いたいのが塩原温泉の老舗『元泉館』。ここは塩原温泉発祥の湯として知られる元湯温泉にあたるところ。渓流沿いに大浴場や露天風呂があるのだが、『絶景混浴・貸切温泉 2015年版』のイチオシの混浴風呂は意外にも内湯(!) 内湯は宿泊客専用の岩風呂で、岩の切れ目から湯がコンコンと湧き出てくる。昔から胃腸に効果抜群と言われており、湯治に訪れるリピーターも多い。さらに、塩原温泉では珍しい、にごり湯の飲泉所もあり、内側と外側から、疲れた体を癒すことが出来るのだ。

平家落人の里で湧き出る名湯 湯西川温泉

湯西川温泉は平家の落人が隠れ住んだという伝説が残る山あいの温泉郷。3つの源泉を有する『おやど湯の季』には混浴露天風呂があり、女性が利用しやすいように女性専用の出入り口が用意されている。湯西川温泉は数ある『平家の落人伝説の地』のなかでも信ぴょう性が高いことで知られており、集落には"こいのぼりを上げない"、"ニワトリを飼わない"といった、平家の落人ならではの身を隠すための風習が言い伝えられている。

神が宿る杖いらずの湯 板室温泉

古くから那須七湯の一つに数えられている板室温泉。温泉の効能から下野の薬湯と呼ばれており、湯治の里として親しまれてきた。その証として板室温泉神社があり、杖をつきながら訪れた湯治客が療養後、必要なくなった杖を奉納して帰る習慣がある。このことから付けられた異名が"杖いらずの湯"。そして、イチオシの混浴温泉があるのは『江戸や』。湯温がぬるい板室の中では温度が高く、加温しているので丁度良い温度でゆったり楽しめる。恋の病を癒すために、一人で訪れても良いかもしれない。