男子に言われると実は傷つくフレーズ5つ

ほめているつもりでも、女子にとっては複雑な気持ちなってしまう言葉ってありますよね。女子は言葉の裏側を探ってしまう、とてもデリケートな生き物なのです。先日ランチをした同僚が、付き合っている彼に言われて傷ついたフレーズをこぼしていると、「わかる、わかる!」と他の同僚たちもうなずいてました。そこで今回は「男子に言われると実は傷つくフレーズ5つ」をご紹介したいと思います。

実は傷つくフレーズ①「なんでも言える」

「なんでも言える友だちだよ」と言われると、「恋愛対象外宣告」に聞こえてしまいます。なんでも言い合える関係性はとても素敵だと思いますが、気になる女子が現れたら恋愛の相談もされてしまうのでしょうか。なんでも言われるのも困りものです。気になる男子に言われると傷ついてしまうフレーズの一つと言えます。

実は傷つくフレーズ②「妹みたい」

「女としての魅力は感じないよ」と言われているも同然のフレーズです。甘えん坊の女子にとっては、お兄ちゃん的発言は嬉しいかもしれませんが、密かに好意を抱いていた男子から言われてしまうと、非常に複雑な気持ちになってしまいます。

実は傷つくフレーズ③「しっかりしてるね」

「かわいげがない」と言われているような気持ちになります。協調性を重んじる女子は他人に迷惑をかけないよう、自分に与えられた仕事はしっかりとこなすための努力は惜しみません。しかし、そのような姿は「一人でも生きていける強い女」と映るのでしょうか。その言葉の裏に「恋愛対象として見ることができません」という意味が潜んでいるように思ってしまうのです。

実は傷つくフレーズ④「これくらいの体型が好み」

「ふくよかだよね」と言われていると女子は思ってしまうかもしれません。ちょっとふくよかな体型を好む男子は意外に多いようですが、女子は服をおしゃれに着こなすスリムなモデル体型に憧れます。けれど、女子の多くはスイーツに目のない万年ダイエッター。いつも食欲とダイエットの狭間で悩んでいるので、どんな意味であれ体型の話題はして欲しくないのです

実は傷つくフレーズ⑤「すっぴんの方が良いよ」

「化粧下手だね」と言われている気がしてしまいます。少しでもかわいく・キレイに見られたい女子は、服装やメイクも努力しています。特に、メイクは自分のコンプレックスを隠すためにそれぞれ工夫をしている場合も。男性としては飾らなくても十分キレイだと言いたくて「すっぴんの方が良いよ」と言っているのでしょうけれど、実は傷つくフレーズなのです。

言い方や雰囲気でとらえ方は変わるものですが、女子は言葉の意味をとても大切にします。何気なく言った一言で良い方向にも悪い方向にも変わりますので、発言にはご注意くださいね。