【ネット婚活】女子がドン引き! 男性のNGな夏ファッション

夏本番。薄着になるとともに気をつけたいのが、臭いやムダ毛。また、男性がおしゃれだと思っていても女性的にはNGな服装って意外と多いんですよね。ここでしっかりチェックして、楽しい夏を迎えましょう。

 生乾きや足の“臭い”に注意!

この時期に多いのが洗濯物の生乾き。うっかり着てしまった日には、あのモヤーンとした臭いを一日中まとうことになり、自分も他人も嫌な気分に。そして、靴を脱いだときの足の臭いも要注意。たとえ、おしゃれでかっこいい人でも、臭いを発した時点で女子はドン引いています。これらの不快な臭いの原因は雑菌。臭い対策をしないと“不潔”というイメージがついてしまうので、くれぐれも気をつけてください。

筋肉を自慢したくても、タンクトップ&ピチTは絶対禁止

モデルのようにかっこよく似合っていたとしても、タンクトップ姿の男性を好きな女性はそういません。わき毛のこともありますし、ムキムキでも痩せマッチョでも、フェロモン過多なルックスが生理的に受け付けないのです。同様にピチピチのTシャツも、見たくもないボディラインまで浮き立ってしまうので避けましょう。

 ハーフパンツの着こなしは最大限に気を配って

ハーフパンツは、おしゃれ男子のマストアイテム。しかし、思っている以上に女子からは不人気です。その一番の理由は“すね毛”。濃くても嫌、ツルツルでも嫌というわがままな乙女心を受けて、適度に整えましょう。また、ひざ上10cm以上の短め丈や派手な色は子供っぽく見えて嫌という声が多数。膝丈かつ、モノトーンなどのシックな色味を選び、大人っぽくシンプルに着こなすのがおすすめです。

アクセサリーは2つまで

かっこいいと思って身に着けているアクセサリーは、着けるほどナルシスト度は上がってしまうので、多くても2つまでにしましょう。また、ドクロやクロスなどの個性の強いモチーフを着こなせるのは、よほどのおしゃれ上級者かヴィジュアル系。最近インディアンジュエリーも流行っていますが、“爽やか”が基本のモテファッションを目指すのなら着けないほうが無難です。

センスよりもTPOをわきまえたファッションを

いくら価値のあるヴィンテージのアロハシャツや入手困難なおしゃれキャップでも、レストランなどのかしこまった場所には不相応。センスを見せ付けるよりもTPOをわきまえたファッションの方が、女性からするとずっと好感度が高いのです。デートでも、映画や買い物などの場合はタウン仕様で、BBQやビーチなどではアクティビティ仕様で、とシーンによってコーディネートを変えると、なお好印象になります。

たかがファッション、されどファッション。少しの失敗も命取りになりかねません。この5つをしっかりチェックして、夏デートを成功させてくださいね。