【ネット婚活】モテ期プロデューサーが教えるモテ期が遠ざかるNGアイテム

モテ気が来ないとお嘆きの皆さん、もしかしたら日頃身につけているファッションアイテムがモテ期を遠ざけているのかもしれません。そこで、スタイリストとしてファッションにも精通した、モテ期プロデューサーの荒野広治さんに、絶対身につけてはいけない「モテ期が遠ざかるNGアイテム」を教えてもらいました。

女性のNGアイテムは「流行のアイテム」「レザー」「スニーカー」

ホンネスト

荒野さんいわく、「流行のアイテム」「レザー」「スニーカー」はNG。その理由は「男性の大半がファッションにうとい。そして、そんな男たちの情報源は少年ジャンプだけ」だから。ファッションに敏感な女性は、その都度流行を取り入れるものですが、ファッションにうとい男性は少年ジャンプしか読んでいないので、女性のファッションを全く理解できないというのです。例えばクラッチバッグ。女性にとってはおしゃれアイテムでも、男性は、「なぜあんな持ちにくいものを使っているのか理解に苦しむ」と思ってしまうのだとか。レザーやスニーカーは女子ウケに特化したファッション。当の男性はもっと女性らしいファッションを求めていることが多いのです。つまり、「異性にモテたい」と「同性にほめられたい」は、全くベクトルが違うということを心に刻みましょう。ちなみに、男性の場合はその逆。世の女性たちに認知されている「男性の中で流行っているアイテム」を取り入れることが重要。ファッションに敏感な女性たちが食いつきそうなトレンドアイテムを一つは取り入れたいところです。

「ボーダー柄」は要注意

ホンネスト

男女ともに着用率が高いボーダー柄ですが、実はとてもリスキーなアイテムなんだとか。荒野さんいわく、人の目が行く場所は、ベルトなどの横のライン。ボーダーは横のラインだらけの柄なので、トップスの場合、上半身全体を強調させることに。お腹周りが気になる等、体型を気にしている人は自分の欠点をアピールしているような状態になってしまうのだとか。もちろん、スタイルに自信がある人はボーダーを取り入れることで、体型の美しさを強調できるので、いつものコーディネートに取り入れてみて下さい!