オレは好きだ!! コンプレックス女子 ~下半身デブ編~

あわせて読みたい:オレは好きだ!! コンプレックス女子~足のサイズが大きい編~

コンプレックスが生み出す恥じらいこそが、男性を魅了する大きな武器になる、と僕は声を大にして言いたいのです。今回のテーマは「下半身デブ」。実は僕自身、結婚するなら下半身デブに限ると昔から決めておりました。丁度いい機会なので、下半身デブの女性の魅力を大いに語らせてもらいます。

ガードが堅い!! 信頼して付き合える最高のパートナー

ホンネスト

彼女ができて一番心配になるのは、他の男の存在。しかし、下半身にコンプレックスのある女性と交際するとその悩みが解消します。その理由は、下半身の露出を極力控えてくれるから。ミニスカートやホットパンツなど論外!! 正直、「そんなに太くないよ」と男の大多数は思っているのですが、乙女心は乙女にしかわかりません。その姿を見た軟派な男は身持ちが堅い女性と判断し敬遠することに。さらに私見ですが下半身にコンプレックスがあると、よほど好きな相手でない限り下半身を見せたがらず、海やプールにすら行くことを避けるほどなので浮気の心配も激減します。

男の運動量にも楽々付いていけるアスリート!!

ホンネスト

さらに強調したいのは、そのタフさ。下半身デブという言葉から脂肪をたっぷりと蓄えているんだろうと思われがちですが、僕は知っています。最強と言われる力士と同じように、脂肪の中に筋肉が隠されていることを。 事実、僕の知り合いの下半身デブ気味な女性は、マッサージに行く度に、何のスポーツをやっているのかと聞かれるそうです。そんな女性だから、男性のペースに合わせて歩けたり、ちょっとしたスポーツも楽々こなしてくれるので、デートの幅が広がります。たとえ美脚の持ち主でも、ちょっと歩いただけで「疲れたー」などという女性はこちらからお断りです。

母親としても隙がない!!

ホンネスト

下半身に肉が蓄えられる理由に、“子宮を冷やさないため"という説があるそうです。下半身デブ=安産型とは必ずしも言えないのですが、子どものために肉体が変化した賜物と言っても、間違いではないでしょう。未来の夫としては、このアドバンテージは無視できません。下半身デブこそ、最も女性らしい体型と言ってもいいのではないでしょうか?

 

浮気の心配もなく、男の運動量にもついてこられる最高の彼女。さらに、母親としても優れた下半身デブは、金のわらじを履いてでも探すべき、魅力的な女性だと僕は強く思います。

あわせて読みたい:オレは好きだ!! コンプレックス女子 ~低身長編~