【ネット婚活】【連載】ショジョの奇妙な冒険 ~ペアルックは羞恥プレイ~

突然ですが、「ペアルック」ってどう思いますか? 年齢=彼氏いない歴のショジョが言うのはおこがましいですが、実は私、彼氏が出来てもしたくない10のコト、の堂々第一位が、この「ペアルック」です。

もっとも現時点で恋人がいないので、「ペアルック」をするチャンスもなければ心配もないのですが、備えあれば憂いなしということで、今のうちから「ペアルック」に対する自分のスタンスは明確にしておきたいと思います。

雑誌やネット上では、親密さのパロメーターや愛が深まる、なんて紹介されている「ペアルック」ですが、そもそも大人が、同じような服を着て、おそろいの小物を身につけて、人前に出るなんて照れくさくて仕方ありません。

ホンネスト

たとえ恋人同士であっても、好きなファッションや服装へのこだわりは、それぞれ違うはず。そして何を着るかは、その人の人となりを表すと言っても過言ではありません。それなのに、相手とおそろいであるということ以外、なんのポリシーもない「ペアルック」……。

つまり「ペアルック」とは、自分の生き様よりも相手とおそろいになることを優先しているファッションと言えます。自分のポリシーを捨てて相手の色に染まるなんて、ドMです。

ホンネスト

そう考えると、「ペアルック」をしている恋人同士とは、お互いにドMプレイをし合い、しかもそれを広く世間に公開している状態ということになります。

世の中には、恋人にわざと恥ずかしい格好をさせて外を歩かせる「羞恥プレイ」なるものが存在すると言いますが、もしや恋人同士が「ペアルック」で人前に出るという行為は、お互いに自分の意思よりも相手を優先させるドMであることを公言する羞恥プレイだと思います。

それに、カップルならではのお洒落を楽しむふりをしながら羞恥プレイに興じるなんて、「ペアルック」はかなり高度かつ斬新なMプレイと言えるでしょう。セックスとはS役とM役がいて成立する行為だと聞いておりますが、ペアルックカップルの場合、ドM同士、どのようなセックスが展開されるのか、全く検討もつきません。日中からそんなプレイをしてしまうカップルの夜は、果たしてどんなことになってしまうのでしょうか。

ショジョの私にとってペアルックは、ハードルが高すぎる男女の関係性なのでした。