【ネット婚活】【連載 : 男と女のなぜ】 モテない男ほど待ち合わせ場所に改札を選ぶ!?

っとあわせて読みたい:女のホンネとタテマエ~「あなたのノリについていけない」を意味するコトバ~

苦労してデートにこぎつけて女性を楽しませたつもりなのに、2回目に繋がらないとお嘆きの方。もしかして待ち合わせ場所を"駅の改札口"にしていませんか? 実はそれ、 NGなんです。まさかの新事実を提唱するのは、元・銀座No.1ホステスで心理カウンセラーである塚越友子さんが書いた『女性心理カウンセラーが教えるモテる男の即効フレーズ』。一体なぜ、改札はダメなのでしょうか?

ホンネスト

結婚相談所でデートトレーニングも行っている塚越さんが、まず指導するのが待ち合わせ場所。デート慣れしていない男性は無難な駅の改札口ハチ公前などを指定しがち。しかし、女性のハートを掴むことに長けたモテる男は、デートが始まる場所と終わる場所に重点を置くんだそうです。なぜなら、女性は「デートが始まった」と意識し始めた途端、「簡単には落とされないぞ」と警戒心を高めるのだといいます。そんな中で、気が緩みやすいのがデートの始まりと終わり。心のブロックが弱まっているので、気持ちがすっと届くんだとか。

ホンネスト

そして、塚越さんオススメの待ち合わせ場所は「外が眺められるようなカフェ」。あなたが先に着いて、窓際やオープンテラスの席を確保するようにしましょう。カフェなら、落ち着いた雰囲気が味方となり、「何だかとてもくつろげる人」「余裕のある人」という印象を女性に与えることが出来るのです。それに万が一、天気が悪化した場合でも安心です。気温など周囲の環境によって、人の印象が左右されるという心理学の実験からも、カフェの優位性は揺るぎません。

ホンネスト

さらに、待ち合わせ場所で使いたい一言が「今日は楽しい一日になるよ」です。これはタイミングがとっても重要。あえて彼女がこのフレーズを聞いたことを忘れるタイミングで使いましょう。それは、彼女がカフェであなたを見つけ、席に座ろうと椅子に手をかけた瞬間。そこで、「今日は楽しい一日になるよ」とボソッと聞こえるか聞こえないかくらいの声で囁きます。椅子に腰かける途中の彼女は言われたことを忘れてしまうそうなのですが、それでOK。その言葉は無意識のうちに彼女の心に届き、デートの最後に必ず「楽しい一日になった」と言ってくれるのだそうです。

好意を持ってもらうには、待ち合わせ場所から空間・情報を支配し、あなたのペースに巻き込んでいくことが大切。改札での待ち合わせは卒業しましょう!

あわせて読みたい:【連載】女のホンネとタテマエ~「正直どうでもいい」を意味するコトバ~