ネットで話題の「絶食男子」って何?

テレビで取り上げられるなど今話題となっているのが、草食でも肉食でもない「絶食男子」。 「草食」ですらない男子は、どんな恋愛観を持って、どのような生き方をしているのだろうか。 Twitterなどで、「絶食男子」とされる人たちの生態や世間の反応を調査してみた。

恋愛に興味すらない、むしろ嫌悪

“「草食男子」を超えた「絶食男子」との関係に悩む女子ほんっと多いね”

“草食男子の次は絶食男子だそうだ。女性交際を一切受け付けないってことらしい。らしいが、将来の夢は主夫。恋愛はいらんが、結婚はしてもいいってことかしら??”

受け身な恋愛を好む「草食系男子」に対して、恋愛自体にも、セックスにも興味かないという「絶食男子」。 趣味や男同士でツルんでいる方が楽しく、女性と関係を持つことを嫌悪する人もいるという。

本当に「絶食男子」ってそんなにいる?

“大きく頷く。 昨日だかの「草食どころか絶食男子が増えてる」って話もこう言うことなんじゃないか? 「ガツガツしてると嫌われる」「性欲を表に出さない方がウケが良い」から興味ないと答えるのが美徳になった。”

「絶食男子」と思われる男子の中には、「ガツガツしない方が女子ウケがよい」と思って、あえて「絶食男子」を演じているケースもあるようだ。

家族のあり方が「絶食男子」を生んだ?

“絶食男子や、主夫を望む男子など、異性と関わりを持ちづらい男性を特集していました。母親の関わり方を原因の一つにあげてましたが…家族全体の在り方にも一因があると思います。過保護の他に父親の権威低下とか。多様な価値観も広がりの一つと、ポジティブにも考えられるかも。”

昭和は、父親が一家の主として威厳があった時代。 しかし現代は、「友達親子」と呼ばれるような親子関係を築く家庭もある。 家庭環境だけでなく恋愛観に関しても多様化しているため、「絶食男子」という価値観も認めるべきという考え方もあるようだ。

 

「絶食男子」を好きになってしまった女子は、辛い思いをすることが多いようだ。 しかし、絶食男子でも「恋愛はNGでも結婚はOK」と考えているケースもあるので、恋愛の話ではなく、思い切って結婚の相談をしてみるのも手かもしれない。