婚活パーティーで知り合った男性が実は◯◯だった!私の婚活トホホ体験談 by とあるアラ子

どうも、こんにちは! 漫画家のとあるアラ子です。

 

「婚活で出会った変わった人」「婚活でやってしまったトホホ体験」をみなさまから募集して漫画にするという企画をやらせて頂くことになりました。

 

さぁ今回は、どんなエピソードが届いてるでしょうか?

 

ペンネーム「兎さん」からの投稿

f:id:zexyenmusubi_honnest:20171212123021j:plain

兎さんがその後、共通の知り合いから聞いたところ、彼はなんと会社でも女性社員には結婚していることを隠していたらしいです。

結婚生活を続けながら、再婚相手を探していたのでしょうか? それとも再婚は口実で不倫相手を探してるだけ? どちらにしろ最低男だってことには変わりありませんが…。

平日夜と土日LINEが返ってこない婚活男には皆さんも気を付けて!

 

そして再び「兎さん」からの投稿

f:id:zexyenmusubi_honnest:20171212123108j:plain

ちなみにこの男性、婚活をしている様子は全くなく「彼女はいらないけどセフレが欲しい」「月にいくら払えばセフレになってくれる?」などと失礼な提案を繰り返してきたらしいです。

盛れた写真を使えば、そんなに簡単にセフレができると思ってるのでしょうか? 会ったら違うことはバレてしまうのに…。しかし兎さん、濃い体験をしすぎ!

 

 * * *

 

いや~初回からだいぶビックリなエピソードの投稿でしたね。

 

ただみなさんに勘違いしてほしくないのは、これらのエピソードは婚活体験のほんの一部ということです。婚活市場にはまともな男性もたくさんいます! 婚活で幸せになった人もたくさんいます!

でも、たくさんの人に会っていくと、どうしても何度かに一度はおかしな人に当たってしまうんですよね…。そんな時は思いっきり話のネタにして笑ってやりましょう。

そして、それでも気が済まない!という時はぜひぜひ私(とあるアラ子)のツイッターのダイレクトメール、または以下のアンケートフォームより体験談をお送りください。

お礼などはないのですが、漫画にして成仏させて頂きます。掲載できるペンネームも忘れずにお願いしますね!

 

 

f:id:zexyenmusubi_honnest:20170705171806j:plain著者:とあるアラ子

漫画家。著書にSNS時代の生きづらさを描いた「わたしはあの子と絶対ちがうの」(イーストプレス)。現在はVコミにて「美人が婚活してみたら」連載中。http://vcomi.jp/page_product/page_product?seriesId=69

ツイッターアカウント https://twitter.com/unmeichimai