やりとりしてたあの人はいずこへ!? 婚活アプリのパスワードが思い出せない… by とあるアラ子

どうも、こんにちは! 漫画家のとあるアラ子です。

 

さて、「婚活で出会った変わった人」「婚活でやってしまったトホホ体験」をみなさまから募集して漫画にするという企画の8回目です!

 

今回は、どんなエピソードが届いてるでしょうか?

 

婚活女☆さんからの投稿

f:id:zexyenmusubi_honnest:20180320110814j:plain

婚活女☆さんは、この後すぐに違うアカウントを作り相手にメッセージを送りましたが、残念ながら返信はなかったそうです。怪しまれてしまったのでしょうか? 

ようやくいい人が見つかったのに連絡がとれなくなってしまうのは本当にもったいないです。アプリのアカウントだけじゃなく、スマホやパソコンだっていつ壊れるかわかりませんし……。

そういった緊急事態を想定してつねにバックアップやメモをとっておく事が大切かもしれませんね。

 

次はティーチャーさんからの投稿

f:id:zexyenmusubi_honnest:20180320110847j:plain

わたしも漢字や読みが本当に苦手なので、他人事とは思えないのですが……。

でも確かに実際に会うまでは言葉のやりとりだけが相手の印象を形づくる要素。本当に間違って覚えてるならまだしも、送信前にしっかりと見直して欲しいですよね。

だけど、それでも“一応”会ってみるというティーチャーさんのチャレンジ精神は素晴らしいことだと思います。その後のことも、もしよかったら投稿で教えてくださいね!

 

 * * *

 

いや~今回も興味深いエピソードが満載でした!

 

長く婚活してると、やっぱりいろいろありますよね。辛くなったとき、変な人に出会ってしまったときは、ぜひ経験を送ってください。何もプレゼントできませんが、その経験を漫画にして成仏するお手伝いをさせて頂ければと思います!

 

「婚活でやってしまった失敗談」「婚活中におきたちょっとした珍事」「出会ってしまった変な人」なんでもいいので送ってくださいね!(男性からも大歓迎です!)(もうノロケ話でもOKです!)

 

送り先は私(とあるアラ子)のツイッターのダイレクトメッセージ、または以下のアンケートフォームへぜひ!お礼などはないのですが、漫画にして成仏させて頂きます。掲載できるペンネームも忘れずにお願いしますね!

 

 

f:id:zexyenmusubi_honnest:20170705171806j:plain著者:とあるアラ子

漫画家。著書にSNS時代の生きづらさを描いた「わたしはあの子と絶対ちがうの」(イーストプレス)。現在はVコミにて「美人が婚活してみたら」連載中。http://vcomi.jp/page_product/page_product?seriesId=69

ツイッターアカウント https://twitter.com/unmeichimai