マッチングしない無難なプロフィールを、無難でないものに変えた結果・・・ by えむこ

f:id:zexyenmusubi_honnest:20180501153949p:plain

高額な入会金を支払い、結婚相談所に登録した私は、どこかで「結婚相談所に入会さえすれば、こんな自分でも結婚できるだろう」と甘く考えていました。

だって、けっこうなお金を支払うのですから、きっと今までよりもハイクオリティな婚活ができて、真剣度の高い人同士でマッチングすればするすると結婚までたどり着くに違いない…。そんな風に夢を見ていた時期がありました。

 

……けれど、その考えがどれほど甘い幻想だったかは、プロフィールを登録後、結婚相談所から紹介されたお相手にアピールをした時に、思い知ることになります。

お断り、お断り、お断り……とにかくお断りの連続!!

それならばと希望条件外の年上の男性に申し込んでみても、全てお断り!!

 

こんなに男ウケのよさそうな無難なプロフィールを書いているのに、なぜこうも断られまくるのか……と呆然とした時、はたと気がつきました。

高額な入会金を支払っているのは他の女性会員も同じ。

その中には、私よりずっと綺麗な人や、ずっと収入のいい人、ずっと若い人が沢山いることでしょう。

そして彼女たちもきっと同じように、無難なプロフィールを書いていることでしょう。

優しいと言われるとか、癒し系だとか、料理が好きとか、子供が好きとか……私の乏しいモテ力ではこの程度しか思い浮かびませんが、きっとそういう、当たり障り無く好感度のあるプロフィールにしているのだと思います。

加えて言えば、彼女たちにはきっとモテプロフィール以外に、条件の方になにかしらのアピールポイントがあるはずです。それこそ若いとか、綺麗とか、収入が良いとか……。

 

一方、私はどうでしょう。30も過ぎててお世辞にも若くはない。外見も……自分で言うのもなんだけれど、良くはない。収入に至っては、諸事情で「無いよりはマシ」くらいのものです。

この条件で、無難なモテプロフィールなど出そうものなら、他の魅力的な女性達の前に、私は無力も同然です。男性の目に留まらないのも無理はありません。

なんとか……なんとかして、目立たねば……!!

そう思った私は、無難という鎧を脱ぎ捨てて、他の人が書かないであろう個性的なプロフィール……つまりありのままの自分を書くことを決意したのでした。

 

そう、こんな風に……!

「廃墟マニアで、工場の錆びた配管を愛しすぎていて、一眼レフの中身は廃墟か配管か猫で、好きな音楽はオルタナロック、日々クリエイティブ系の店やイベントに入り浸っており、自身も動物画などを描いていて特技は猫の顔を見分けることです」(内容には一部フェイクが含まれて……と書こうとしましたが全部事実です)

 

さすがにこのままの内容ではありませんが、こういう感じの、普通あまり婚活のプロフィールには書かないであろうことを書き連ねました。

文面からあふれ出る強烈なサブカル臭。

これなら男性が見た時に「こいつ、なんなんだ!?」と思ってくれるかもしれません。

あわよくば、興味本位でマッチングしてくれるかもしれません。

もはや興味本位の可能性にでも賭けない限り、私という人間はこのフィールドでは生き残れないのです……!!

書いていてちょっと悲しくもなってきましたが、ともあれ、こうして完全に「特殊枠」におさまることを決めた私でしたが……。

な、なんと……!!

同じような経歴を持つ元アート畑にいた方や、好奇心の強い方、趣味が似通っている方とマッチングするようになりました!!

 

広く浅くに受け入れられるプロフィールではなく、狭く深いところに刺さるプロフィール、意外と効果があったような気がします。

今後もこんな感じで、試行錯誤しながらも結婚相談所での婚活を頑張っていこうと思います!

f:id:zexyenmusubi_honnest:20170706111912p:plain

著者:えむこ

彼氏がホワイトデーに消滅したアラサーヲタ女ブロガーです。現在リアルタイムで婚活奮闘中。最近は婚活アプリだけでなく婚活イベントにも手を広げています。そんな日々の小ネタを綴った絵日記ブログをやっています。

ブログURL:http://otakare.blog.jp/

Twitterアカウント:@emuko_ota

 

この作者の過去記事