恋愛に罪悪感はいらない。彼の機嫌をいちいち気にしないことがとっても大切♪ by 広中裕介

f:id:zexyenmusubi_honnest:20171216125905j:plain

恋愛相談をたくさん受けていると、男性の機嫌を気にして右往左往している女性が大勢いることに気づきます。

「彼の機嫌が悪いのはなぜですか?」「そんな時の男性心理はどういったものですか?」とよく聞かれるのですが、男性はシンプルにできているので、女性が思うような理由はほとんどなかったりします。

あなたが「一体何に怒っているのか?」とわからなくなることがあるように、男性自身も実はその理由がわかっていなかったり、不機嫌を理由を言いたがらないところがあります。

そこで今回は、男性の機嫌を必要以上に気にして罪悪感を持ってしまう女性に覚えておいてほしいことを書いていきます。

 

「わたしのせい?」をやめると男性の心理は気にならなくなる

男性の不機嫌は、女性に自分の「機嫌を伺われた時」に発動することがあります。

でも、男性は心情や本音を簡単に「さらすな」と教わって生きていますので、そこで理由を述べることもできず、余計機嫌が悪くなってしまうのですね。仕事中も自分の気持ちを抑えるのは当たり前なので、そのあたりは仕方ないことと言えます。

なので必要以上に男性の機嫌を気にすることが、逆に機嫌を悪くするんだ〜と知っておいてください。「わたしが何か言ったからかな?」「わたしが余計なことしたのかな?」と、ご機嫌を伺うこと自体が余計火に油を注ぐと覚えておきましょうね。

 

「どうせダメでしょう?」という不信感が不機嫌を呼ぶ

男性に対して頼みごとや本音の話をしたくても「どうせダメでしょう?」と思い込んで口に出さない女性も多いです。自分の思いを「我慢」や「遠慮」していると、男性は不機嫌になることがあります。

「やってくれる?」など疑問系で聞くのではなく「やってほしい♪^^」と笑顔で言ってみましょう。「しょうがないな〜」という感じや拒絶感など表す時もありますが、これまた気にしなくていいことを覚えておきましょう。

あなたの思いをあなたが言えたこと(出せたこと)に意味があって「叶えてもらったか?」は別の問題になります。「どうせダメでしょう?」と遠慮や我慢しながら過ごすのは相手のプライドを傷つけるだけ。男性には「信頼」をあげましょうね^^

 

相手の不機嫌な時期をほっとく余裕が大切

これは女性側の方が好きになりすぎている場合に多いのですが、男性の「すべての機嫌」を自分の何か?が関係していると思いこんでいることがあります。眠くて体調が悪い、仕事が立て込んでいる…など、様々な要因が絡み合って、特に理由もないけど機嫌が悪い時ってあなたにもありますよね。男性にもそんな時があります。

ほとんどのことがあなたのせいではないのです。機嫌が気になっても「怒ってる?」「怒らないで」「なんで怒ってるの?」など聞かないでおきましょう。そこを突っつくと余計に殻に閉じこもってしまう男性はとても多いです。

嫌いになったから不機嫌になるのではなく、不機嫌なのをほっといてくれないから嫌いになる、ということを覚えておきましょうね。

 

男性は悩んでいる自分や不機嫌な自分が嫌いです。理由はカッコ悪いからです。

そんな時ほど少し別行動してみたりして、「ずっとかまってあげてなくていいんだ」ということを覚えておいてください。女性は「かまってほしくて」不機嫌になりますが、男性は逆に「かまわれすぎると」不機嫌になります^^

程よい距離感をそれぞれで見つけていってみてくださいね^^

f:id:zexyenmusubi_honnest:20171007142644j:plain

著者:広中裕介

愛の学校Love Academy代表 心屋塾認定カウンセリングマスター 

1980年生まれ。美容師やマッサージ師の職業で活躍するかたわら、女性から恋愛に関する相談を多く受け、対応しているうちに、本格的なアドバイザーになろうと決意し、起業。心屋塾にて学び、カウンセリングマスターとして認定される。恋に迷う女性に対し、「モテ行動」のメソッドを教えるのではなく、男友達のような視点から、男性心理や現実的な行動を冷静にかつわかりやすく解説していくブログの発信やセミナーを行い、評価が高い。著書に『既読スルーされた数だけ幸せになれる』(KADOKAWA)がある。

ブログ:恋愛の学校 Love Academyゆ~すけの愛する人の世界でいちばんかわいい女になる♪