「やっぱ結婚しておこうか」結婚したがらなかった男が結婚をしたくなる瞬間 by 神崎桃子

f:id:zexyenmusubi_honnest:20180521151422j:plain

結婚に対しての焦りを感じるのはいつだって女のほう……。

 

出産のタイムリミットもなく年齢で縛られることのない男性は結婚に対して悠々自適。

 

仮に、今付き合ってる彼女がいたって結婚することを躊躇している男性だって少なくない。

 

女性にとっては悔しいことだが「付き合っている女がいようといまいと結婚に対しては自分のペースを貫きたがる」のが男というもの。

 

しかし結婚に前向きでなかった男性があっさり結婚を決めてしまったり、「結婚しない」宣言していた男性がいきなり結婚してしまうことだってあるのだ。

 

今回は「結婚なんて考えていなかった男性が結婚したくなった瞬間」を教えよう。

 

自分に元気や勇気を与えてくれる女性が現れたとき

 

「これまで女性とは遊んできましたが、結婚はしたくなかった。結婚に対していいイメージがなかったのとリスクを背負うのが嫌だったから……。でもそれは実は自分に自信がなくて言い訳してただけだったことに気づいた。それまで関係を持った女性には『起業する夢があるから結婚したくない』と逃げてきましたが、今の彼女はうまくいかないかもしれない自分の将来に対し『その夢、叶うよう、私が全力で応援するから!』と潔く言ってくれたんです。自分にやる気や勇気を与えてくれる彼女と結婚したいと思いました」(30代男性/会計事務所)

 

俺が結婚しないできてしまったのは何より自分が可愛かっただけ(笑)。身体の関係になっても責任取りたくないただのダメ男だったんですよ。仕事にノルマもあって取引先との付き合いも多いから相手に『仕事と私、どっちが大事?』『次はいつ会えるの?』とか詰問されるのも面倒で……。でも自分の仕事を理解してくれる女性に出会って人生が変わった。『結婚したいかも』思ったのは彼女が初めて。彼女は俺の元気の源。会うと力が湧く。当然仕事にもいい影響が……」(40代男性/イベント)

 

――いくら独身を貫いてきても自分に力を与えてくれる彼女に出会ったら話は別。

 

それまで「結婚したい」と思える女性に出会わなかっただけ。

 

仕事や夢に理解を示し、自分の未来をバックアップしようとしてくれる女性であれば結婚に対してのイメージも考えも変わる。

 

本来は仕事が忙しければ忙しいほど、自分の目標やビジョンがあればあるほど、支えやパワーは欲しいもの。

だからこそエネルギーを男に与えてくれる女性は特別なものとなる。

 

なんと言っても男が結婚を決めるにはそれなりの覚悟が必要である。

「責任を取るか取らないか」問題は男の覚悟ひとつといえる。

 

ただ「責任を取りたくないのは結婚したくない」からでなく、なにかに強いられてとか、義務で責任を果たすのが嫌なだけ。

 

自主的に「俺がコイツを守らなきゃ」「養っていかなきゃ」と思えば仕事だって頑張るし、「彼女を幸せにしたい」となれば男は嫌がってた結婚もちゃんと決めるのである。

 

身体や心が弱ってるとき、不便を感じたとき

 

「恋愛や結婚なんて煩わしいだけ。独身なら自分のやりたいことや趣味に好きなだけ時間や金もつぎこめる。でも体調を崩してベッドから起き上がれなくなったときはさすがに孤独死がよぎった。このまま死んだら誰が気づいてくれるんだ?それが、大家さんや警察じゃ寂しいじゃないか。身体が弱ってるときはやっぱり人間はひとりじゃダメなんだな。死ぬ前までに結婚はしておきたい(笑)」(40代男性/飲食業)

 

――男が仕事や趣味に集中しているときには、結婚や恋愛に目を向ける余裕などない。

 

身体も心もハツラツな時というのは自分以外の人間のことなど必要としないものだ。

 

「別に独身でも困らないし……」「一人のほうが気楽」と思っていた男性が「自分にはどうしても彼女が必要だ」「そばにいてくれるパートナーが欲しい」と悔い改めるのは“予期していなかったことが自分の身に襲いかかったとき”である。

 

それがよく分かるのはケガや病気での入院や体調を崩したときなどだ。

 

男性は自分に不自由や不便さを感じてないとき、またバリバリ働けるときには自分の体力や能力の限界についてアレコレ考えることなどない。

 

しかし、自分だけじゃどうしようもないとなったとき、自分の無力さを感じたときに、人は人を求めるのである。

 

環境や状況の変化があるとき

 

「それまで自分は結婚なんて頭になかったから、付き合ってた彼女が結婚したがってたのがすごいプレッシャーだった……。でも地方に転勤の辞令が出てそれは覆された。知らない慣れない土地で知り合いも友達もいない場所で、一人でやってく自信なんて全くなかった。でも転勤だからって退職なんてことなんてできないから、彼女に『お願いだから付いてきてください』と土下座(笑)めちゃめちゃカッコ悪いプロポーズとなった」(30代男性/公務員)

 

――男性は「やりたくないことを強制的にさせられるとき」「それが自分の力ではどうしたって抗えないとき」に、自分にとって大切な女性の存在に感謝したり、これまで考えなかった結婚の必要性を感じ取ったりするのだ。

 

アクシデントに遭遇し、イザとなったときにオロオロするのは男性のほう。

 

男性は環境や生活の変化にめっぽう弱い。保守的な男性にとって慣れないこと、新しいことにチャレンジするストレスはハンパない。

 

一方で女性は適応能力に優れている生き物。

 

柔軟性のある女性はコミュニケーション能力も相まってそれまでとは違う環境や状況をきちんと受け入れながら対応することができる。

 

男性は自分に足りないものが見えたとき、それを補足してくれる相手を求める。

また想定外のアクシデントに向かっていく自信がないときに、男性は一人でいることへの不安を覚えるのだ。

 

それまで「オレ一生独身貴族!」と豪語してた男性でも「ヤバイ、オレ、ひとりじゃやってけない」と自分の弱さやダメさに気づいたときこそ、“男の年貢の納めどき”なのである。

 

男は自分に自信があるから結婚するのではない、自分に自信がないから結婚するのである

 

男性は結婚そのものを欲しているわけでない。

 

自分にとって必要な相手を探し求めているだけ。

そういう相手がいたらちゃんと「結婚したい」し、そういう相手が現れたらいつでも「結婚できる」のである。

 

結婚は自分の身の回りが整っているからするものではない。

 

仕事の能力も経済力も、貯蓄も、体力気力、全てがパーフェクトで「自分に自信があるから結婚する」という男性のほうがむしろ少ないだろう。

 

男性は自分に自信が持てたときに結婚するわけでなく、むしろ自分に自信が持てないときに結婚したがるのだ。

 

これまで結婚をなかなか決められずにきたとしても

「あ、俺このままじゃヤバイかも……」「この人にそばにいてほしいかも……」と気づいたときに決断下す。

 

それを気づかせることこそ女のミッションなのだ。

 

結婚に興味ない男を結婚へ向かわせる原動力は女が作るのである。

 

 f:id:zexyenmusubi_honnest:20171223115833j:plain著者:体験型恋愛コラムニスト・神崎桃子

「恋が続かない」「結婚できない」「男運が悪い」「ダメ男を切れない」「不倫から足が洗えない」 ……と嘆いてる女性達へ恋の処方箋を与える恋愛コラムニスト。 執筆の傍らライター養成、文章セミナー、婚活セミナーの講師も務める。 家庭の経済事情により世間の荒波にもまれながら数々の職を経て培った雑草魂と男性遍歴を通じて得た恋愛処世術が武器。 自ら経験して得た恋愛の教訓を各メディアから幅広い年代の読者に伝授している。 男女の思考回路の違いや男心を分析した記事は定評があり男性読者も多い。

・神崎桃子のオフィシャルサイト
・FBページ 体験型恋愛コラムニスト神崎桃子
・神崎桃子 (@kanzakimomoko) | Twitter
・Momoko Kanzaki (@kanzakimomoko) • Instagram
・「今のままじゃ幸せになれない!」あなたの恋愛に効く処方箋を届ける