立場が逆転して初めてわかった「お断り」する側の痛み by おーじろう

お断り

f:id:zexyenmusubi_honnest:20171114140501j:plain

f:id:zexyenmusubi_honnest:20171114140517j:plain

f:id:zexyenmusubi_honnest:20171114140528j:plain

f:id:zexyenmusubi_honnest:20171114140544j:plain

f:id:zexyenmusubi_honnest:20171114140701j:plain

f:id:zexyenmusubi_honnest:20171114140712j:plain

f:id:zexyenmusubi_honnest:20171114140739j:plain

f:id:zexyenmusubi_honnest:20171114140750j:plain

婚活パーティーでの短い時間では楽しかったけど、
後日デートをして長い時間一緒にいると、どうにもしっくりこない・・・・
なんてことはよくあることだと思います。

せっかく自分を選んでもらえた相手を断るということは、
なんだか気が引けます。

申し訳ない気持ちもあり、
面と向かって直接相手には言い出しづらかったり、
散々断られる側だったこんな自分を選んでくれるのは
この人しかいないんじゃないか、
この先、一生相手が見つからないんじゃないかという気持ちなんかも出てきたり・・・

 

はたして本当に断ることが正解なのか? 

いろいろ考え出したらキリがなく、
婚活で断るということは本当にエネルギーを使うし、
すごく勇気がいることなんだと思いました。

 

それでも中途半端にせず、この人とは上手くいかないと思う場合には、
婚活中の貴重な時間を無駄にしないためにも、
しっかり断るということが、
自分のためでもあり、相手のためにもなるんじゃないでしょうか。

 

f:id:zexyenmusubi_honnest:20170714200409j:plain

著者:おーじろう

35歳、独身男、フリーランスのイラストレーターのリアルな婚活模様を描いた 『フリーランス男子、婚活を頑張る』 という男性目線の婚活漫画を描いてます。

 

 

ブログ:「フリーランス男子、婚活を頑張る」 http://ameblo.jp/freelancedanshi

Twitter https://twitter.com/ojirou2