「理想の男性は、価値観が合う人!」の罠 by ぱぷりこ

『妖怪男ウォッチ』ぱぷりこです。よく婚活・恋活相談を受ける時、私は「ゆるふわ言葉と形容詞は爆破せよ!」と主張しています。なぜなら、考えているようで何も考えていないから。 

特に「どんな人が好みなの?」「どういう人と恋愛して結婚したいの?」という質問への答えは、ゆるふわ言葉と形容詞のオンパレードになりがち。

本連載では、「どんな人が好み?」への回答によく見られる「あいまい・ゆるふわ表現の罠」を分析します。

 

f:id:zexyenmusubi_honnest:20170905100540j:plain

本日のあるある回答「価値観が合う人」

「やっぱり価値観が合う人がいいと思うんだよね」

これはある程度の恋愛経験を経た人からよく聞く言葉です。恋愛経験がほとんどない頃は「優しい人が好き」「一緒にいて楽しい人」といった希望ベースのゆるふわ発言をしがちですが、付き合ったり別れたりを経験したことがある人は「価値観が合う人」を探す傾向にあります。

なぜなら別れる時は、なにかしらの価値観や意見の違いが原因となるからです。恋愛をそれなりに経験した人が「価値観が合う人がいい」と思うのはもっともなことです。

 

価値観が合う人=たくさんの細かい条件を満たしている人

一見どこにも問題がなさそうな「価値観が合う」ですが、そもそも「価値観」とはなんでしょうか?

広辞苑によれば、価値観とは「個人もしくは集団が世界の中の事象に対して下す価値判断の総体」です。

仕事が大好きで頑張っているか、仕事はそこそこで余暇に時間を使いたいか。食事にお金を使いたいか、安くて栄養さえ摂れればいいのか。お金はあるだけ使ってしまうか、きっちり貯蓄するか。 女性は家を守るべきと考えているか、そうでないか。子供が好きか、あまり興味がないか。

こうしたあらゆる物事に対する価値判断や選択をまとめて「価値観」というわけです。つまり「価値観が合う人」とは、「自分と似たバックグラウンド・思考を持つ人」「自分と似た選択をする人」と言ってもいいでしょう。

 

細かい条件を満たしている人を求めると陥りがちな罠

人間は自分と共通点がある人に親近感を抱く生き物なので、「価値観が合う」ことを求めるのは自然なことです。問題は、「価値観が合う」が示す範囲です。「価値観が合う」という一言に「洋食派で、仕事に打ち込んでいて、趣味があって、スポーツ観戦が好きで、海外旅行に興味があって、勉強が好きで、子供が好きで、家事ができて、衣食住にお金をかけられて」と大量の条件をぶっこんでいる場合、下記の罠に陥る可能性があります。

・条件が大量にあるので、マッチングする人が見つからない

・「ここは合うけどここは合わない」といって無限切り捨てループにはまる

・自分ではそこまで高望みしているつもりがないため、状況を改善しづらい 

当たり前ですが、条件は多くなればなるほどマッチする確率が下がります。それぞれの条件を満たす人がいる確率を50%とありえないぐらい高く見積もっても、条件が5つ重なればすべて満たす人は約3%、10の条件をすべて満たす人では約0.01%となります。

時間をかけて大量の候補者と会えば見つかる可能性はありますが、恋活や婚活をしている人の多くは「30歳までに結婚したい」「35歳までに子供を生みたい」とみずから期限を設けていることが多く、そうなると期限までに目的を達成することは至難の業です。

 

結論:「価値観」の中身を解体して優先順位をつけよ

価値観が合う」という言葉の問題は、「価値観」というなんでも入るブラックボックスに大量の条件を詰め込んでしまえることにあり、そのため1つの条件、「価値観」のみを求めているだけと勘違いしてしまうことです。

往々にして「価値観が合う人がいい」という女性は、「価値観」という1つの条件を求めているつもりで、5〜10以上の条件を求めていることがあります。しかも「全部マッチする」ことを前提にしています。

当然ながら「価値観が合う人」はそうそう見つからないのですが、自覚と実情が乖離していると、「そんな高望みしてるわけじゃないのになんで見つからないの!?」と焦って状況改善が遅れがちになります。

この状態を回避するには「自分が考えるところの価値観とはなにか」をきっちり言語化して、それぞれを条件として数えること。かつ、「その条件は本当にマストかどうか」を精査して優先順位をつけることです。多くの婚活サービスは「譲れない条件を3つまで」を推奨しています。なにもないと探せないし、3つ以上だとマッチング対象が少なくなるからです。

「価値観が合う」は、この一言の中に、3つどころか100以上の条件を入れられるブラックボックス型ゆるふわ表現です。ブラックボックスは解体して、自分が本当に譲れないものをきっちり見つけることをおすすめします。

 

f:id:zexyenmusubi_honnest:20170723113414p:plain

著者:ぱぷりこ

『妖怪男ウォッチ』を書くインターネットの妖精&外資OL。恋愛市場で観測した百鬼夜行を供養中。チャームポイントは筆圧。

 

 

ブログ:『妖怪男ウォッチ』 http://papuriko.hatenablog.com

Twitter:https://twitter.com/papupapuriko?lang=ja